I LOVE BOOKS (てらこや新聞46号 竹川のコーナーより)

BOOK17: 雨宮塔子 「金曜日のパリ」

私は、女性アナウンサーにもフランスにも興味はありません(^.^)。それなら、なぜ「元女子アナ」の「フランス」の話の本を読んだのかというと…。

雨宮塔子さんは、TBSの元アナウンサーです。私は、彼女がアナウンサーをしていた番組を特に見ていたわけでもありません。彼女が人気の「女子アナ」という職を辞めTBSを退社し、学生時代の夢だった絵画の勉強をするために単身フランスに遊学したということに、私は興味を持ったのです。コーディネーターの方がいらっしゃったとしても、仕事をやめ、単身外国で夢を追求するというのは、かなり勇気がいることではないか…と思ったからです。

今回ご紹介する本には、彼女がフランスに行き、まず住む場所から探し、そこでどのような生活を送ったかについて書かれています。

慣れないフランス語に苦労しながらも、かなり楽観的に生活を送る様子が垣間見られます。骨董市に出かけたり、絵の勉強をしたりする様子は、多少の不便や困難なこともあるけれど、非常に楽しそうです。そして、パリで、人気パティスリーのオーナーシェフ・青木定治さんと出逢い、結婚します。

30歳を前に、人生の大きな転換期を迎え、人生がガラリと変わった数年間。全くまっさらな道、これから何でもできる…けれどそれには一抹の不安も伴う…その人次第で人生はいかようにも変わるということを、さりげなく語ってくれる一冊です。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-02-19 14:11 | I Love Books

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧