人気ブログランキング |

てらこや日誌

駄菓子

駄菓子屋ってやっていけてるの? | Excite エキサイト

寺子屋では、土曜日に小学生低学年を対象に「学習事始クラス」という授業をしています。その授業は基本的に前半45分で英語の勉強をし、15分おやつ休憩の後、算数と国語の学習をします。

そのおやつには、できるだけ手作りを出すのですが・・・
この手作りお菓子の大半を寺子屋に週2回ほどお手伝いに来てもらっている松阪の駄菓子屋「あいや」さんの娘さんに作ってもらっています。

そして、私も駄菓子が好きなので・・・手作りがムリなときにはかりんとうだとか、イモケンピだとかを買ってきて出すこともあります。

「あいや」さんは、お店のお菓子の多くをお店で作ってみえるので、子どもたちに出すのには安全でしかも美味しい・・・

先日の節分の日には、枡に入った飴を差し入れていただきました。

それには・・・節分らしく(?)「福」の文字をかたどった飴が入っていました。3パックいただいたので、1つは、高校生に節分の日にあげたのですが・・・

めずらしく、寺子屋生たち「遠慮のカタマリ」だったのか、節分の日の授業が終わったあとも、次の日も「福」の飴は2つ残ったままでした。

そして・・・昨日・・・授業にやって来た小学5年生・・・授業が始まる少し前にやってきて・・・いつになく沈んでいたので・・・

どうしたの?と聞いたのですが・・・「なんでもない」との返事・・・

でも、目が赤かったので・・・「ほんとに???」と聞きなおしたら・・・

学校の帰りに友達にランドセルを壊されたとのこと・・・私にはそれはどうしょうもないけれど・・・気をとりなおすために・・・一通り話を聞いたあとに「飴でもなめる?」

と言って「福」の飴を含む1枡を彼に差し出しました。そしたら・・・
彼は、目の前にある「福」の文字の飴に気づき

「先生、これでもいい?」と元気よく尋ねてきました。

「もちろん!」と言うと嬉しそうに、大切そうにその飴を食べ始めました。

・・・・そして授業の時間になり・・・

遅刻で駆け込んできた彼の仲良しの友達がその飴を見て

「なにそれ?・・・先生、なんで彼だけ?」と聞いてきました。

「たまたま早く来ていたから・・・だけど」

「なんで・・・(ずるい)」

「いやいや、遅刻してきた人にはあげられないし・・・ね。」

と言ってから授業を始めました。

そして、授業が終わり、今日の反省を書いてもらうと・・・あとから来た方の生徒が
忘れ物があったことに対する反省のあとに・・・
「○○君の食べとるものが気になって今日は落ち着いてできなかったので、これから気をつけます。」

という反省文を書いて、確認表を提出してきたので

私は、その反省文のあまりに子どもらしい素直さに・・大爆笑!!!

「先生、そんなに笑わんといて!!!」

「『食べとる』は話言葉だから、「食べている」に書き換えようね。」

と返事をし・・・事務所に戻り、もう一つ残っていた飴を取り・・・
「はい、あげる。」

と渡すと、「え、でも、ぼく遅刻したであかんやろ?」

「勉強は終わったし、別に何をしたからって彼にあげたわけじゃないから。これから遅刻しないで、忘れ物も気をつけて・・・」

・・・「はい。ありがとうございます。」

・・・整理整頓が苦手だったり、忘れ物が多かったり・・・いろいろなことを考えて作った「確認表」ですが・・・反省を読んだあと、私も一言コメントを書き・・・なるべく、反省は自分の言葉で、どんなに小さなことでもかまわないから書いてもらうようになってから2ヶ月ほどが経ちますが・・・

子どもたちとの距離が少しずつ埋まっているように思います。

そして、甘いお菓子・・・美味しいお菓子・・・脳の活性化にも役立ちますが・・・
やはり、やさしい気持ちを運んでくれるように思います。

・・・夜の授業にやって来た中学2年生・・・火曜日は「遠慮のカタマリ」で手を出せなかったらしく・・・授業後、ロビーのソファーに座り・・・私の顔を見るなり

「先生、「福」の飴は?」

・・・「ごめん、小学生にあげちゃった・・・もしかして、ねらっとった?」

「うん・・・・」

「言ってよね・・・そんなときは、あかんだら、あかんって言うからさぁ~」

「う・・・ん」

と残念そうに帰っていきました。

駄菓子・・・こどもたちにとっても、おとなたちにとっても幸せを運んでくれるもののようです。

駄菓子屋さん・・・薄利のようですが・・・頑張ってほしいです。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-02-06 19:07 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る