人気ブログランキング |

憎しみの連鎖・・・

<ガザ空爆>1週間で死者400人超

Excite エキサイト : 国際ニュース

パレスチナの状況を聞くとやるせなさを感じます。

私がピッツバーグに住んでいるとき、一番印象に残っているのが
マムードというパレスチナ人です。

音信不通になってから久しいのですが
彼のことを思い出すことは多くあります。

日本に帰国後もしばらくの間・・・彼が転職してお兄さんの仕事を手伝うようになるまでは
パレスチナ情勢があまりよくないと聞くと彼にメールし・・・家族の状況を聞きました。

「大丈夫、心配しなくていいよ。・・・ところで君は元気かい?」なんて
返事がくるのが常でした。

お兄さん家族と一緒にピッツバーグに住んでいて
お母さんや他の家族はパレスチナにいるとのことでした。

私と1つしか年がかわらないのに、できた人間だった
彼との出会いや交流で・・・いまだかつて
彼ほどステキな人を見たことがないと思うほど
人間として彼を尊敬していた私は今も、
どうしてもイスラエル側の発想はできません。

そして、願わずにはいられません。
彼の家族が自分たちの生まれた地で
平和に生活できる日が彼の生きている間に・・・
来ることを・・・

それでも、また、イスラエルの人々も・・・同じ人間として
平和に生活できる日を祈っているパレスチナの人も
必ずいるはずだと信じます。

「ぼくたちの砦」にもありました。
お互い、同じ人間なのです。殺し合わないで・・・と願っている人々が
どちらの側にもいると思います。

そして、私たちは、外から、憎しみを煽らないでいたいと思います。
イスラエル側に立ち、イスラエルに加担しているような印象のある
アメリカですが・・・マムードたちのようなパレスチナからの移民を
多く受け入れてくれているのもアメリカです。

・・・少なくとも私が住んでいた頃のアメリカは・・・
そんな国でした。いろいろな事情があるのだけれど
損をしているな、この国は・・・とよく思ったものです。

イスラエルからの攻撃から、1人でも多くの人々が
1日でも早く解放されること・・・そして、憎しみの連鎖が切れてくれることを

そして、マムードの家族が無事であることを

祈りたいと思います。

(Y.K)
by terakoya21 | 2009-01-02 21:28 | 意見

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る