人気ブログランキング |

Favorite Songs (てらこや新聞43号 竹川のコーナーより)

TUNE18: 高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト
「ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)」


私は高嶋ちさ子さんが好きです。ヴァイオリニストで見た目も結構キレイ…けれど一旦話し出すと、イメージはガラリと一変。少しかすれた声と、歯に衣着せずに言う発言内容から、一瞬「ヴァイオリニスト」ということを忘れてしまいそうになります。そのギャップが面白い。

一度彼女のコンサートに行ってみたいと、ずっと思っていました。三重県内や名古屋で行われるコンサートの日程が平日だったりして、一度も行ったことがなかったのですが、念願かなって、この8月、津市で行われたコンサートに行ってきました。

コンサートの冒頭に彼女が話した内容は、これまた爆笑もので、「やっぱり、喋ることが上手だな~」と思いながら楽しく聞きました。ちょうどコンサート日の2日前に、テレビ番組の収録があったらしく、「松阪と言えば肉!」ということで焼肉屋さんを4、5軒はしごしたそうです。行く先々で「美味しい、美味しい」とお肉を食べまくり、翌日(コンサート前日)には食べすぎでダウンし、病院で点滴を打ってもらった…なんていうエピソードも披露してくれました。

さて、「ヴァイオリニスト」「クラシック」と聞くと、何だか敷居が高そう…、滑らかな音楽に途中で眠気を誘われそう…なんて思い、なかなか縁がないという人もいるかもしれませんが、今回のこのコンサートは、そんな方にこそピッタリなものだったのでは…と思える内容でした。

それぞれの曲をしっかり紹介してくれたり、一般的なヴァイオリンの音色と数億円するであろう名器・ストラディバリウスの音色とを聞き比べるコーナーがあったり、ヴァイオリンを奏でる際の様々な技法についてひとつずつ例を交え紹介してくれたり…と、本当に初心者には有り難い、わかりやすい内容でした。13のヴァイオリンが奏でる美しい旋律と楽しいお話、本当に素敵な時間を過ごせたコンサートでした。また、こんなに笑ったクラシックコンサートは初めて!

ご紹介の曲は、きっと多くの人が聞いたことのあるメロディー。この曲の前に、ヴァイオリンのいくつかの技法を教えてくれて、実際にどこにその技法が使われているか確認しながら聞いた曲です。何だか分かった気になって聞いていました(^^;)。

CDで聞くより、目の前で演奏される生の音の迫力をぜひ体感してみて下さい。

(K.T.)
(曲は、高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「ヴァイオリン・ファンタジー」(コロムビアミュージックエンタテイメント)より)
by terakoya21 | 2008-11-02 23:19 | Favorite Songs

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る