<   2017年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

I Love Books! (てらこや新聞145-146号 竹川のコーナーより)

BOOK82吉永南央

「まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ」
(文藝春秋)

今回ご紹介する本も、以前ご紹介したことのある本の続編です。「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの第5弾です。


紅雲町という地方都市で、コーヒー豆と和食器を扱うお店「小蔵屋」を切り盛りしているおばあさんのお(そう)さんが主人公です。

誰にでも分け隔てなく接するお草さんですが、町内で避けて通る一角がある…というのが、今回のお話のポイントです。

お草さんの亡きお母さんと大の仲良しだったうなぎ屋の女性店主が、どういう理由かはわからないものの仲違いをし、それ以来お草さんも、そのうなぎ屋さんのある一角を避けて通るようになり、なぜだか苦い思いが胸の中でチクチク痛む…気になるけれど、長年の仲違いの理由もお母さんが亡くなっていることで聞けず仕舞い、かといって、女性店主に聞くこともできず…なかなか解決の糸口を探すことができずにいます。

そんな中、小蔵屋の敷地に山車蔵を移転する話が持ち上がり、その話と並行して、避けていた町内の一角と避けていた人たちと関わることになり、町内全体に関わるある事実にお草さんが気付いていく…というお話です。

おばあさんのお草さんが、真実を知りたくて、体力以上の力を発揮するときには、まるで少女のような純粋さです。けれど、なかなか一筋縄ではいかない人との関係で、精神的にはかなり疲労が蓄積されます。

淡々と物語は進んでいきますが、しみじみと心に染みるのは、お草さんの人生経験や人生観が投影されているからだと思います。派手さは全くないけれど、ずっと心に余韻が残るような、感慨深い内容です。

昼日中に星は見えないけれど、「まひるまの星」が輝く、心を満たしてくれる…その正体が一体何なのかは、ぜひ本を読んでみてほしいと思います。

( K.T.)



[PR]
by terakoya21 | 2017-06-26 15:34

まえがき (てらこや新聞145-146号より)

Like Father, Like Son. 子は親を映す鏡 ~


子どもたちは私たちの鏡―と大人に語りかけることが増えています。

子どもがやる気がないとか、勉強しないとか、遊んでばかりいるとか…少し深呼吸をして自分を見直してみると、子どもたちも変わっていくのではないか―と感じます。

大人の我慢する姿を見て育つ子どもたちは、必ず我慢強くなります。大人が 本を読み、勉強する姿を見て育てば、子どもたちは自然に読書をするようになり、勉強をする人に育ちます。そう、思いませんか?

Y.K


[PR]
by terakoya21 | 2017-06-25 16:23

てらこや日誌

June 24, 2017

169.pngChildren must be taught how to think, not what to think

何を考えるかではなく、どう考えるのかを子どもたちには教えなければならない。169.png


アメリカの文化人類学者の マーガレット・ミードの言葉だそうです。

今週、2人とも高校生になって、なかなか一緒にならず
コントのようなしゃべりを見せてくれていなかった
高校1年生の女の子と、高校2年生の男の子が

そろってテスト前に入り、ときどき
相変わらず、仲良く楽しく、勉強もおしゃべりもしている光景を
久々に見かけます。

彼らを見ているとこのマーガレット・ミードの言葉が思い出されます。

「どのように考えるのか」を学んできてくれているなぁとほっとするからです。

このまま しっかりと学びを深めてほしいと願います。

そして、そんな生徒たちが増えてくれることを願っています。

さぁ、今週最後の授業日です。気を引き締めて臨みます。
どうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_10120677.jpg


寺子屋かめいでは、昨年度より入学受け入れ態勢を変更しています。
詳しくは、カテゴリ「寺子屋かめい」内の
「てらこや日誌・寺子屋の目標」・「寺子屋の目標①~③」をお読みください。173.png 夏期講習 173.png

178.png松阪市立中学3年生講座178.png

179.png中学2年生対象講座179.png

171.png中学1年生対象講座171.png



(Y.K)





[PR]
by terakoya21 | 2017-06-24 10:14 | 日記

てらこや日誌

June 23, 2017


169.pngTo play billiards moderately well is the sign of a gentleman; to play it too well is the sign of a misspent life.

ビリヤードをほどほどに上手にできるのは紳士のしるし、あまりに上手すぎるのは、時間の使い方を間違えた人生のしるしだ。169.png


マーク・トゥエインの言葉です。

私の好きな言葉です。

この仕事を始めて18年、英語を教えてお金をもらうということを始めた年から考えると26年目がそろそろ終わろうとしています。

年々、子どもたちも大人も欲張りに、そしてせっかちになっているなと感じます。

どんな人にとっても1日は24時間で 1年は多くても366日です。
それを変えることはできません。

そして、子どもたちには、ゆっくりと子どもらしく過ごす時期が必要です。

何事もほどほど、ゆっくりと が大切なときがあること
日常の喧騒に巻き込まれすぎて、見失わないようにしたいと感じる6月の末

期末試験が来週初めから始まり
夏休み開始までもう1か月を切りました。

気持ちを落ち着けて臨みたいと思います。

本日、亀井の遅番出勤日です。
4時半までに出勤と考えています。

私に御用の方はそれ以降でお願いいたします。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_23331032.jpg
(私は、アジサイなら・・・この色のガクアジサイが好きです♡)

寺子屋かめいでは、昨年度より入学受け入れ態勢を変更しています。
詳しくは、カテゴリ「寺子屋かめい」内の
「てらこや日誌・寺子屋の目標」・「寺子屋の目標①~③」をお読みください。173.png 夏期講習 173.png

178.png松阪市立中学3年生講座178.png

179.png中学2年生対象講座179.png

171.png中学1年生対象講座171.png



(Y.K)





[PR]
by terakoya21 | 2017-06-23 08:30 | 日記

てらこや日誌

June 22, 2017

雨が降り、これからどんどんと蒸し暑くなってくるのかと思ったら
今朝は、涼しく、過ごしやすい朝を迎えています。

近所の中学校で、無事体育祭が行われているようです。

雨で延期になったら、学年別にすることになっていると聞いたので

「それじゃぁ、学年合同体育の授業だね」なんて言うと、
頷いて、笑っていましたが

延期にならなくてよかったのかな?(私が学生時代だったら、ため息をついているところですが・・・(笑))


c0115560_10141574.jpg
(今朝の我が家のアジサイたちです。昨日の雨で少し力を取り戻したようです)

169.pngTime is the coin of your life. It is the only coin you have, and only you can determine how it will be spent. Be careful lest you let other people spend it for you.

時間は、人生の貨幣である。あなたが唯一所有する貨幣で、どのように費やすか決められるのはあなただけである。他人に代わりに使われないように、気を付けなければならない。169.png


アメリカの詩人カール・サンドバーグの言葉だそうです。

英検の結果が出てきています(パスワードがわからず、見られないという生徒もチラホラ?)

最近は、2次試験も一斉ではなく、2週に分かれて行われます。
7月2日と9日です。 学校によっても、どのように受けたかによっても違うので
一人ひとりそれに合わせて、二次対策の練習をするため
1人1人にどちらの日程なのかを確かめますが

昨日、「まだ言われていません」と言っていた生徒の言葉を
そうなんか・・・と聞いていましたが よく考えると
それって、おかしくないか?と思うのです。

受験するときに、日程はわかっているはず

A日程、B日程というような形で英検の方が最初から決めているはずだと思うのです。
でないと、お金をもらってしている試験 合格発表のあと日程が決まるなら
受ける側にも予定があるから・・・苦情殺到ではないかと・・・(*_*)

それなのに、それも確認せず受けるなんて
かなり暇なのか、また準備も考えなくても良いほどの相当余裕があるのか

・・・そんなはずはないだろう・・・

と不思議に思います。

最近の学生たち、一事が万事、このような状況が多くて
ときどき、私が不安になります。

そして、見つけたのが今日の言葉です。

身近な人を信頼はしていないのに、人に頼りすぎている人が多いなぁと
感じることが増えている世の中ですが

時間は、自分で決めて使うもの―

わが生徒たちには 高校生にもなったら
自分で自分の時間を管理、調整できる若者であってほしいと思っています。

そのために、嫌われても、泡吹きながら(笑)、いろいろ言い続けたいと思っています。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_10315421.jpg
(今週から少しだけ新しくなった小学低学年用のイスです)

寺子屋かめいでは、昨年度より入学受け入れ態勢を変更しています。
詳しくは、カテゴリ「寺子屋かめい」内の
「てらこや日誌・寺子屋の目標」・「寺子屋の目標①~③」をお読みください。173.png 夏期講習 173.png

178.png松阪市立中学3年生講座178.png

179.png中学2年生対象講座179.png

171.png中学1年生対象講座171.png



(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2017-06-22 10:34 | 日記

てらこや日誌

June 21. 2017

6月もあと10日

今年も折り返しに入ろうとしています。

ただただ、忙しいだけではなく
少しずつ、少しずつ 私の目指してきた寺子屋が出来上がりつつあるような
そんな小さな自信と、まだまだだなぁ~と思う反省とが
入り交ざる18年目ですが

少しずつ歩を前に進めていきたいから
足元を確認しながら、後半への準備を進めたいと思います。

169.pngJust because something doesn’t do what you planned it to do doesn’t mean it’s useless.


自分の計画通りに物事が進まないからといって、それが無駄であるということではない。169.png

トーマス・エジソンの言葉だそうです。

と、信じてこれからも邁進したいと思います(^^♪

どうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_10375889.jpg
(ようやく、雨です。ちょっとほっとしました)

寺子屋かめいでは、昨年度より入学受け入れ態勢を変更しています。
詳しくは、カテゴリ「寺子屋かめい」内の
「てらこや日誌・寺子屋の目標」・「寺子屋の目標①~③」をお読みください。173.png 夏期講習 173.png

178.png松阪市立中学3年生講座178.png

179.png中学2年生対象講座179.png

171.png中学1年生対象講座171.png



(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2017-06-21 10:39 | 日記

てらこや日誌

June 20, 2017

The only true wisdom is in knowing you know nothing.
唯一の本当の英知は、自分が無知であることを知ることの中にある。

ソクラテスの言葉です。

無知の知・・・


ここ一か月ほど
コンピューター、スマホ、タブレットに悩まされることが増えています。
わかっているようでわかっていないことがいっぱい(*_*)

時間ばかりかかり、日頃の便利さで得した時間を
全て清算されているような気分になります(*_*)

でも、今日は、ちょっとした発見もいくつか・・・それで

良し・・・として、気を取り直して 新しい週に臨みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_10551833.jpg
寺子屋かめいでは、昨年度より入学受け入れ態勢を変更しています。
詳しくは、カテゴリ「寺子屋かめい」内の
「てらこや日誌・寺子屋の目標」・「寺子屋の目標①~③」をお読みください。173.png 夏期講習 173.png

178.png松阪市立中学3年生講座178.png

179.png中学2年生対象講座179.png

171.png中学1年生対象講座171.png



(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2017-06-20 10:59 | 日記

てらこや日誌

June 19, 2017

中間テストの結果が出そろい 寺子屋生の
「必修」で受けてもらわなければいけない夏期講習も大まかに決まり
(期末試験の状況でまた増える可能性はありますが・・・(*_*;)

寺子屋では、寺子屋生については、夏期講習を全員が受けなければならないわけではなく
希望者、または そのとき、そのときの状況に合わせて夏期講習を設計するので
テスト結果や授業態度、入塾のタイミングなど・・・

いろいろ考慮しながら、話合ったりしながら決めています。

中間テストの結果を受けての夏期講習組は 土曜日までに決定しました。
そして、今週中にお手紙を発送させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

そのため・・・この2連休、気が付けばスケジュールの空きを探すお休みだけれど
お休みじゃない2日になっています(*_*)

また、先週末には、生徒たちがクラスメートに、また先生に、言われた言葉で
本当に、「学ぶこと」について大きく勘違いしている人が大人にも
そして、必然的に、それは子どもたちにも多いことを思い知らされました。

やはり、考える二連休にもなっています。

そこで、今日の名言は アインシュタインの

169.pngWisdom is not a product of schooling but of the lifelong attempt to acquire it.

英知とは、学校教育の産物ではなく、生涯かけてそれを手に入れるために努力することによって得られるものである。169.png

です。

学校は、「学び」のための基礎を、大まかに教えてもらうところ

あとは、自分次第です。

c0115560_18430578.jpg

土曜日に生徒や保護者の方から聞いた 「発言」は

テストがまるで「点数」を取ること
成績を上げること、または下げることのためだけに行われるかのように

大人も、またその影響で子どもも思っていることを象徴するような言葉でした。

テストは、もちろん、成績に影響するのですが
自分が今まで習ったところをどれだけわかっていて、
どこがわかっていないかを知るためにするものです。

だから、点数が悪かろうが、今回の間違いや失敗を次に生かすために
自ら反省し、学べばいいのです。また、
今回良かったから、よし、というわけでもなく、それでも、学ぶことはたくさんあります。

テスト勉強は、そのテストの前に、学びを確認し
わかっていないことを少しでもわかるように
知らなかったことに気付くようにするものです。

点数など、悪かろうが、よかろうが
それは自分自身の問題で、 人の点数が良かろうが 悪かろうが
あなたには関係のないことです。

少なくとも私は、そう両親にも、先生方にも教わってきました。

次は「〇点」取れるように頑張ろう! と目標を立てることは大切
そして、達成できなければ、何がダメだったのかを自分で気づき
次に生かす・・・それだけのことです。

「そんなのきれいごと」だとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが

毎回、人の点数まで気にして 自分のものも点数ばかり見ている人に
いろいろと大切な瞬間に、自分の力を出し切る力はつきません。

入試でこける・・・という表現、好きではありませんが
大切な瞬間に、「こける」人にそういう人が多いのも事実です。

寺子屋では 口を酸っぱくしてそのことを生徒たちに伝えたいと思っています。

一方、土曜日、お友だちにつらいことを言われた生徒が それには少しめげながらも

「私にとって、かめい先生ところに行くのは『喜び』やから」と

お母さまに言っていたと聞いて 救われました。

これからも 私たちのできることは何なのか
何から始めるべきなのかを 改めて 考えていきたいと思っています。

さぁ、昨日と今日とお休みをいただき、明日からまた定期試験リレーが始まります。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2017-06-19 08:30 | 日記

てらこや日誌

June 18, 2017

父の日なので

169.pngTeaching is learning. 教えることは学ぶこと169.png

わが父の口癖です。

寺子屋を始めて18年目ですが
年々、日に日にその意味をかみしめています。

同時に、「学ぶこと」と「勉強」を同義語のように
扱う人が増えているように思うことも増えています。

勉強は、「学ぶこと」のほんの一部であり

子どもたちに

そのほんの一部でしかない「勉強」をさせるのにやっきになっている大人たち

「勉強」をさせるなら
「学ぶ姿勢」を整えることに大人がもう少し注意を向けることが必要なのではないかと思います。

「楽しさ」は自分で見つけるものであり
人やものがもたらしてくれるものではありません。

一見楽しさをもたらしてくれるように見える新しい機器も
面白い人も 気が付けば飽きてしまうのはなぜなのか・・・

それを子どもたちには考えてほしいと思います。

先週、「最近気になる(目にした・耳にした)ニュースは何ですか?」と生徒たちに尋ねたら

高校生が

「あ、なんとかっていう案が、どうかなったやつかな?」

とか

「だれかが死んだってやつ?」

と応えていました(;一_一)

なんのことを言いたいのかがわかってしまうのが 私たちの職業病ですが

最初から「ニュース」なんて見ても楽しくないとか時間の無駄だとか
思っている生徒たち

学校の勉強への態度も同じです。

なぜそうなってしまうのかを考えると

周囲の大人がそういう態度をとる人が多いから・・・。

それで、勉強しろって言ったって"(-""-)"

楽しさは見つからないのだと思います。

子どもたちに勉強をしてほしいなら
自らが「学び」を「楽しむ」こと

お母さん、お父さん 「ニュース」を見て文句ばかり言っていませんか。
そして、お母さん、お父さん「どうせ」や「めんどくさい」が口癖で
子どもたちと見るテレビはバラエティばかりではありませんか?

わが父がいなくなってから5回目の父の日ですが

私の父との思い出は

父が気を使って連れていてくれた日本中のいろいろな場所への旅よりもむしろ

幼稚園の時、旅行先で水疱瘡を発症
姉が父と帰るはずだった飛行機で
急きょ私が帰ることになって 泣いていたときの父の足の上だったり

わからないことをいろいろな辞典を使って一緒に調べたり
朝、登校前にニュースを見ながら語る時間だったり

晩年、家族で出かけたとき、乗り合わせの関係で
父と2人きりだった車中で、話した内容は覚えていないけれど

「知的な会話ができた良い時間をありがとう」と言われたこと

だったり

別に楽しい時間を共有したわけではないけれど

少なくとも「内容のある会話」や「ふれあい」がある時間だったような気がします。

そして、その彼の影響が 私の勉強好きの根底にあり・・・

好奇心ややる気を導き出していたんだと 改めて思うことが多くあります。

昨年11月のスピーチ以来 ずっと言い続けていますが

179.png子どもたちが勉強しないのは 周囲の大人が勉強しないから179.png

です。

そして、学びは「勉強」のことだけを言いません。(^^♪

忘れずに過ごす「父の日」にしたいと思っています(笑)

では、皆さん、よい一週間を!!

(Y.K)

[PR]
by terakoya21 | 2017-06-18 08:30 | 日記

7の日

June 17th, 2017
 2017年6月17日です。 みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 東海地方は梅雨入り宣言後も、晴れて心地よい風が吹き抜ける日が続いています。
174.pngこのお天気を利用して、時間をみつけては冬物衣料や布団をせっせと洗濯しています。
冬物はかさがあるので、それらを片づけるとスッキリ感が増しますね。
 
 衣替えの度に、来シーズンまで取っておくかどうか……と迷います。116.png
しかし、中には袖を通すことなくタンスの肥やしになっている服も少なからずあり、
そろそろお別れの時か……と思い切って処分したり、リサイクルへ回したりします。
 
 121.png毎回のことながら、少し値段が張っても長く付き合えるものと、
お手頃に入手して1シーズンで着倒すものと、上手く使い分けられるといいな~と思います。
 
みなさんはいかがでしょうか?
では、次回をお楽しみに!

[PR]
by terakoya21 | 2017-06-17 09:17 | 〇の日

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧