<   2015年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

てらこや日誌

PLEASE DO CARE!!!

昨日は、午前中からある私立中学・高校の学校説明会に行きました。

そこで、英語の先生でもある校長先生がおっしゃっていたことに
同意する一方で、首を傾げることがありました。

子どもたちが言葉で相手に伝えることが苦手になってきていることや
中学英語で教える語彙や表現が少ないことなど

私たちが日ごろ感じていることです。

そして、「言葉」が大事だということを強調される

もっともです。でも、その同じ先生の口から出てくる
「表現」が感心できなかったことが残念でした。

今、教育界で仕事をしていると

「強い」表現を使うことが、人を引きつけるからか、
「言葉」の乱用をされる教育者と言われる人が多いような気がします。

そして、一方で、子どもたちの言葉に迎合しすぎる大人たちに
やるせなさを感じることが増えています。

もちろん、「人のふり見てわがふり直せ」と肝に銘じます・・・(^_^;)

c0115560_11114690.jpg

(秋のお菓子です)

Quality is never an accident. It is always the result of intelligent effort.

良質というのは決して偶然ではない。 それはいつも優れた努力の結果である。



ジョン・ラスキンの言葉だそうです。

昨日、小学3年生から新しい言葉を教わりました。

それは、「おにご」という言葉・・・。

「おにごっこ」のことだそうです。

私には、この1文字半を略す意味を理解できませんし、
理解したいとも思いませんし、

私の辞書にある「おにご」という音のある言葉は、あまりいい意味の言葉ではありません。

なので、小学3年生という小さな子たちですが

「その言葉は、たいがいの大人には通じないので、大人が相手のときには使わないで、『おにごっこ』と言って」と伝えました。

そして、それを学校の先生方も使うと言われるとため息がでます。
そして、憤りさえ感じます。

言葉は、生き物だと言われます。時代とともに「変化」をするものです。

でも、そうだからと言って、「イメージ」と「内容」を運ぶ言葉の
「音」と「いわれ」をないがしろにした表現を、若者たちに、苦言も何も言わずに
「時代だから」とあきらめることは、私にはできません。

自分たちが、つなげる次の世代にも
そして、なにより、私たちにつなげてくださった先人たちに
申し訳なくて情けなくなるからです。

言葉を失っていることが、子どもたちの学力低下に大きな影響を与えていて
それが、大人の怠慢からだと感じることが増えています。

その後、中学生や高校生に「おにご」というかどうか聞いてみました。
高校3年生は、言わないし、聞いたこともないという反応。
中学3年生は、みんな言うらしい。

2000年代生まれと、1900年代生まれの差か?

なんてみんなで笑いました。

「おにごっこ」以外での「おにご」の意味を知っていたのは、私だけ・・・(^_^;)
谷さんも聞いたことがなかったのに、驚き(-_-;)

中学3年生の男の子が代表して辞書で、引いてくれて
新しい言葉の意味を覚えて、嬉しそうに帰っていったことに・・・
少し気分の沈みを治してもらいました。(*^_^*)

子どもたちの言葉の喪失も、子どもたちの学力低下も
やはり、大人たちの責任です。

心して、今日も仕事に臨みます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

072.gif10月開講講座ご案内中です!072.gif


058.gif 小学1・2年生対象 特別講座

072.gif セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

059.gif 小学3~5年生 英語講座

056.gif 小学6年生 英語講座

社会人英語講座 10月入学可能です。

004.gif 基礎英語・長文クラス

上記講座の申込み締切は10月3日(土)です☆

寺子屋かめいは、通年日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日から土曜日の14時~22時にお願いいたします。
それ以外の時間帯は、メールでのお問合せをお願いいたします。


メールでお問合せの場合は、件名にお問合せの講座名か学年をお書きください。
また、メールでのお問合せには、一度返信メールを送信させていただきます。
メールでの返信ができない場合、電話などによるご連絡をこちらからはいたしませんのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-30 11:30 | 日記

上越だより (てらこや新聞126号 下西さんのコーナーより)

「ある越後びとのお伊勢参り」

上越市清里区荒牧に上越市の「公文書センター」があります。上越市誌編纂の過程で収集された資料や、個人から寄贈された家の文書・記録などが、収集・整理・保存されています。現在約17万点の資料がカード化・データ化されて、また、現物やマイクロフィルムでの閲覧も可能になっています。

私が「公文書センター」に出入りするきっかけになったのは、古文書ボランティア参加のためです。上越地域には、膨大な古文書や古記録が残されており、 未整理の文献もたくさんあります。「古文書ボランティア」が企画され、実施されています。蔵出しの資料のほこりを払い、ラべリング(年号・題名・差出人・受取人などを書き出す)をします。そこには、武士階級以外のリアルな日常があります。 この地の先人の生活の一端を知ることができます。膨大な資料数を前にして、ボランティアの力は微々たるものです。が、月2回のボランティアに出かけては、筆文字に親しみ、「読みの精度」を磨く努力をしています。

c0115560_9532014.jpg
「公文書センター」に眠っていた「山田家文書」の中の一つ「道中日記」を解読する機会をいただきました。この道中日記は、安政3(1856)年1月14日(新暦では、2月23日ごろ)から3月10日(新暦4月20日ころ)まで56日間の旅行の記録です。筆者の田中治郎右衛門は、庄屋で地主・山林地主であったようです。そして、この旅には、二人の同行者もいたようです。

見かけは「お伊勢参り」ですが、京都・大坂や奈良の名所旧跡巡りをしており、京都には10泊もしています。真冬の北国街道を歩くわけなので、天気の不順な日もあり、当然雪にも降られています。雪ばかりでなく、大雨のため、予定変更もあったようです。

道中日記には、日時・天気・旅程・宿泊場所が書かれ、その日の出金も書かれていますが、所感や感想などがほとんど書かれていません。丹念に読んでいると、旅の様子を想像することができます。いえ、勝手に類推することができるといった方がよいでしょうか。

c0115560_9552275.jpg
では、旅に出ましょう。大鹿新田の自宅(現在の妙高市大鹿)を出発し、高田(現在私が住む)を経由し北国街道を西に進みます。海が山の近くに迫る、難所の多い道を能生(のう)・糸魚川(いといがわ)・親(おや)不知(しらず)を抜け、越中(富山県)に入ります。その間9日。能生から糸魚川・青海は6里足らずの道のりですが、2日間も費やしています。吹雪で難渋した模様で、2尺(約60㎝)ほど積もるという記載があります。宿泊する宿名もはっきりと書かれてないので、緊急に泊まる場所を決めたのかもしれない。

越後を出国するため、「市振(いちぶり)」の関所を通り、越中に入るために「泊(とま)り」の関所を通らなければなりません。「市振」の関は、松尾芭蕉の「奥の細道」にも登場し、「一家(ひとつや)に 遊女もねたり 萩と月」を作った場所です。同じ宿に泊まり合わせた新潟の遊女が伊勢参りの同道を頼んだという逸話が書かれた所です。

越中に入り、魚津・富山・高岡をすぎて、加賀(石川県)の国に入ります。その間4日。金沢では案内人を雇って金沢見物をし、小松・吉崎にも出向いた後、越前の国(福井県)に入ります。その間3日。金津・福井・鯖江・武生・今庄・板取(関所あり)椿峠を越え、近江(滋賀県)に入ります。その間4日。

c0115560_9554434.jpg
柳ケ瀬には近江に入る関所があります。山中の柳ケ瀬から山路を下ると、琵琶湖北岸に出ます。はんの浦にて船に乗り、大津へ向かいます。大津まで20里。これまで徒歩で8里ほどの進捗状況でしたので、20里とは、船がいかに便利な乗り物だったのかわかります。大津で上陸し、三井寺などを参詣し、再び船に乗って、伏見を経由し大坂淀屋橋まで12里を進みます。船中泊1泊。大坂淀屋橋の宿に朝到着し、昼食後、案内人を雇って大坂観光に出かけます。

大坂・堺を通り、高野山に向かいます。高野山から吉野・多武峰・岡寺(明日香村)・桜井・初瀬(長谷)・八木・当麻・誉田・藤井寺・龍田・法隆寺・西ノ京・奈良と10日かけて、高野山から大坂東部、奈良方面を歩きます。寺社へ参詣が中心ですが、名所旧跡を巡っています。奈良から木津に出て、船で宇治に入ります。宇治から京都に入り、京都観光は11日間。宿は、六条にある詰所(荒井詰所)に連泊します。ここは、浄土真宗の信者のための宿坊だったようです。

京都の11日間の物見遊山の行程は、私が行きたいと思って、観光したほとんどの寺社を網羅していました。例えば、2月13日は、二条城・北野天神・六角堂・仏光寺・内裏・黒谷寺・真如堂・永観堂(見返り観音)・知恩院などを回っています。

京都を発ってから、山科・大津・瀬田・石山・草津・土山と2日間かけて歩き、いよいよ鈴鹿峠にかかります。10里弱の道のりを津まで一気に歩き、次の日、津から山田(伊勢)外宮近くの御師(おんし)(参宮者の案内や宿泊を業とした者)の館に着きます。

c0115560_9562349.jpg
川柳に「伊勢参宮 大神宮へも ちょっと寄り」があるそうですが、越後を発って43日目の2月26日。目的地であるはずのお伊勢参りは、たった一日半。外宮から内宮・朝熊岳・二見が浦を訪ね、帰路に着いています。

松坂では、米屋甚兵衛方に止宿(2月28日)。現在の松阪市のどの辺りなのか、気になります。松坂から四日市までの12里。快晴なので足が軽やかだったのかもしれないが、かなりの距離を歩いています。ところが、次の日は四日市から船で宮(熱田)へ向かうつもりが、大雨で、船が出ず、桑名まで3里8丁を歩いて、 桑名で船出を待ちます。翌日は雨も上がり、桑名から船で、宮(熱田)へ上陸。尾張名古屋から北上し美濃の国へ。大井より中山道に入り中津川・馬籠・妻籠・奈良井・洗馬から善光寺道に入り、麻績・丹波島・善光寺まで5日間。この間はひたすら、歩く。歩く。10里以上を歩く。そして、「(三月)十日 曇風 目出度帰国す

この道中記には、心情的なことはほとんど書かれていませんが、2月28日の項では
快晴 六つ時出立 二見浦に 日の出拝見 有難きこと計りがたし 浦の気色はなはだ面白し
と書かれていました。

この道中日記を書いた治郎右衛門さんの子孫は、現在長野県在住で、渋温泉のホテルを経営されているとか。旅のDNAが受け継がれているのかと勘繰りたくなりました。
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-29 09:57 | 上越だより

I Love Books! (てらこや新聞126号 竹川のコーナーより)

BOOK65:有川 浩
「植物図鑑」
(幻冬舎文庫)

本屋さんを覘く度に、目に留まる著者がいます。よく見かける名前、よくよく見てみると著作がたくさんある・・・これだけ陳列されているのだから人気もあるのだろうし、どれか一冊読んでみたい・・・。そう思うものの、あまりにも著作が多くて、最初にどの一冊を選べばいいのかかなり迷う・・・。私にとって、そんな著者の一人が有川 浩さんでした。

いつも何か読んでみようと思うものの、息子連れで覘く本屋さんでの滞在時間はかなり限られているので、じっくり選ぶことができず、ずっと読まずにいたのですが、少し前に、寺子屋の書架から有川さんの「県庁おもてなし課」を借りることになり読んでみたら、それがとても面白かったので、次にもう一冊何か読んでみたいと思っていました。

亀井先生に薦められている著作があるものの、私が気になった一冊は今回ご紹介する「植物図鑑」でした。
ガーデニングに熱心とは言い難いですが、季節のお花を育てることが好きな私にとって、「植物」の一言が、この一冊を手に取らせた要因です。

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です。」・・・そんな一言を投げかけるイケメンと、そのイケメンをまるで犬を拾うかのように、拾って同居し始めてしまうさやかという女の子のお話です(←現実には、こんな危険極まりないことはないだろうという設定ですけれど…^^;。)

「樹(いつき)」という名前しか明かさないこのイケメンは、植物、特に野草に対する知識が豊富なだけでなく、家事も万能、特に料理の腕前が素晴らしいのです。樹が作る料理を堪能し、さやかは、週末ごとに野草を探す散歩が楽しみになっていきます。

久しぶりに胸がキュンとする恋愛ストーリーでした。日々のささやかなことが幸せだと感じられる、そんなお話です。

章ごとに扱われる野草が、樹によって料理に変身するのも面白いところです。野草ではありませんが、ピーマンの胡麻和えがこのお話の中で紹介されていて、ちょうどこの本を読んでいた頃、自家栽培のピーマンがごろごろたくさん収穫できていたので、試しに作ってみたら、とても美味しくて、それ以来我が家では、食卓に上る回数が増えた一品になっています。

2016年、映画が公開されるそうです。  ( K.T.)

*「てらこや新聞」126号の紙面の順番では、「上越だより」が来ていますが、時間の都合上、今日は、こちらを先にアップしました。ご了承ください。
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-28 17:17 | I Love Books

休日日誌

Sunday before an Election...

9月最後の日曜日です。
昨日予定されていた運動会も無事行われたようで
これで、寺子屋に通っている小学生の学校では
すべての学校で、運動会が終わった・・・はずです。(^_^)v

10月は保育園、幼稚園の運動会が予定されているようですが・・・(*^_^*)

c0115560_16421072.jpg


The secret of success lies not in doing your own work, but in recognizing the right man to do it

成功の秘訣は、自分で仕事をすることではなく、仕事をさせる適材を見つけることにある


アンドリュー・カーネギー(米国実業家)の言葉です。

今日から、松阪市の市長選が始まりました。

投票日は来週の日曜日10月4日です。

今日は、1人の候補の方の出陣式に午前中に行ってきました。
そして、思い出したのが上の言葉です。

自分にも・・・言い聞かせながら・・・(^_^;)

明日は、夕方から授業のある月曜日なので、
残り少ないお休みを、ゆっくり過ごしたいと思います。

みなさん、良い1週間を!!!

072.gif10月開講講座ご案内中です!072.gif


058.gif 小学1・2年生対象 特別講座

072.gif セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

059.gif 小学3~5年生 英語講座

056.gif 小学6年生 英語講座

社会人英語講座 10月入学可能です。

004.gif 基礎英語・長文クラス

上記講座の申込み締切は10月3日(土)です☆

寺子屋かめいは、通年日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日から土曜日の14時~22時にお願いいたします。
それ以外の時間帯は、メールでのお問合せをお願いいたします。


メールでお問合せの場合は、件名にお問合せの講座名か学年をお書きください。
また、メールでのお問合せには、一度返信メールを送信させていただきます。
メールでの返信ができない場合、電話などによるご連絡をこちらからはいたしませんのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-27 17:07 | 日記

☆ ご案内中の講座のお知らせ☆

072.gif10月開講講座ご案内中です!072.gif


058.gif 小学1・2年生対象 特別講座

072.gif セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

059.gif 小学3~5年生 英語講座

056.gif 小学6年生 英語講座

社会人英語講座 10月入学可能です。

004.gif 基礎英語・長文クラス

上記講座の申込み締切は10月3日(土)です☆

寺子屋かめいは、通年日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日から土曜日の14時~22時にお願いいたします。
それ以外の時間帯は、メールでのお問合せをお願いいたします。


メールでお問合せの場合は、件名にお問合せの講座名か学年をお書きください。
また、メールでのお問合せには、一度返信メールを送信させていただきます。
メールでの返信ができない場合、電話などによるご連絡をこちらからはいたしませんのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-26 19:20 | 2017年度 ご案内

てらこや日誌

To Understand English!!

「先生、この訳、日本語以前の問題ちがう?」

と・・・昨日の谷さんの授業の終盤、中学2年生の女の子が言いました。

「いや、これは、君の日本語以前の問題です。」(*_*)

「え”? わからんよ、この日本語では・・・」

訳文は

「『あいさつ』は、より良いコミュニケーションの扉を開ける」

というような訳文でした。

この日本語の意味がわからない と言うのです。

そこで、
すでに次の授業の準備を始めていた、となりの机にいる中学1年生に尋ねてみました・・・

すると・・・「わかります」との返事・・・

・・・・だったので、撃沈した中学2年生ちゃん・・・に
英語を理解するために大切なことを、少し話しました。

c0115560_10295594.jpg


I ain’t looking for you to feel like me, see like me, or be like me.

ぼくは、君に、自分と同じように感じ、物事を見、ぼくのようになってほしいと思っているわけではない。


ボブ・ディランの言葉だそうです(歌詞でしょうか?)。

社会人の講座でも再三言うのですが・・・
自分たちの理解の範疇に、英語を持ってこようとせず
自分たちを英語に近づける努力をしてほしいのです。

「こんなこと日本語では言わない」
「日本語でいうところのこういうのを言いたい」にこだわるのではなく

「英語ではこういう風に言うのか」
「英語圏で、これに近いものごとは何だろうか」と考える努力をすること

が、大切なのです。

彼らと同じように感じ、物事を見、彼らのようになることが大切なのではなく
そういう人たちがいて、英語はそういう人たちが使う言葉であることを知り
彼らに思いを馳せることが、英語上達の第一の条件だと思います。

それが、苦手な人がどんどん増えているようにも思います。

教科書は、そのための練習のための表現集です。
そのため、日本語でも英語でもちょっと中途半端な表現も出てきます。

それが、おかしいというのであれば・・・
自分たちの側も、感覚ではなく、きちんと問題提起をすることが必要だと私は思います。

写真は、3年前に訪れた私の第二の故郷であるテキサスで撮った写真です。
日常的にこの風景に囲まれて生活する人々と、表現方法が同じはずはありません(*_*)

という話をしてみました。

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう。」

と、瀬戸内寂聴さんも言っておられます。(^_^)v

そして、申し訳ないんですが
その心がけが持てない人が英語を勉強したところで・・・
役には立たないんです、多分(^_^;)

というわけで、いろいろな話を子どもたちとはこれからも続けたいと思っています☆

さぁ、短い1週間でしたが、今日が今週の最後の授業日です。
張り切って臨みます。 どうぞよろしくお願いいたします。

072.gif10月開講講座ご案内中です!072.gif

小学1・2年生対象 特別講座

セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

小学3~5年生 英語講座

小学6年生 英語講座

社会人英語講座 10月入学可能です。

基礎英語・長文クラス

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-26 10:53 | 日記

5の日

September 25th, 2015

 2015年9月25日です。
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?

 今回のシルバーウィーク、のんびりというわけでもありませんが、気分的にはゆったりと過ごしました。
これから年末にかけてテスト期間が続くので、そのためのエネルギーチャージができたかなと思います。043.gif

 21日には、ジャズドリーム長島へ行ってきました。
今までは、伊勢関ICから伊賀方面へ行ったり、誰かに運転してもらったり、
名古屋方面には専ら電車を利用していたので、伊勢湾岸道を初めて運転しました。

 初めての道に不安も抱えつつ、025.gif
交通情報でいつも耳にしている「四日市JCT」の混み具合も気になりつつ、
車を走らせていると、案の定、鈴鹿ICから四日市ICまでのあたりから、渋滞にはまってしまいました。008.gif

 高速道路は、混雑していないと一般道よりも運転しやすいのですが、
渋滞しているときには抜け道がないので、とにかく耐えるしかありません。
結局、目的地に到着できたのは出発してから3時間後でした。
時間がかかった分、湾岸長島ICまでのIC名を少しは覚えられた気がします。026.gif

 飲食店には長蛇の列ができていましたが、他の店内は大混雑というわけでもなかったので、
それなりに目的の買い物は済ますことができましたが、大型連休恐るべしです。
お天気も良く、スパーランドでは肉フェスも開催中だったので、特に賑わっていたのかもしれません。

 もし、30分早く家を出ていたら、もう少し早く到着できたかな~と思うと、
やはり「早起きは三文の徳」ということでしょうか。027.gif

みなさんは、いかがでしょうか?
では、次回をお楽しみに。
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-25 09:25 | 〇の日

小学1・2年生 算数・国語 特別講座

The Special Classes

この15年間、子どもたちの学力低下は著しく
目まぐるしく変わる教育行政に、振り回されています。

5年後に予定されている大学入試改革・・・

高校からの準備では、間に合わないような課題を子どもたちに課すため
今年の中学1年生から、私立校では、さまざまな取り組みがなされています。

が、公立の小学校、中学校では、どこ吹く風・・・
だけれど、ほとんどの生徒が公立校にいくわけです。

私たちも、何ができるのかを考え続けています。

そして、この秋から、ちょっと英語を置いておいて

小学1・2年生には 算数・国語のみのクラスを考えました。

早めに、学校でも勉強することを使って
自分で勉強する基礎をつけて・・・

学習を習慣にし・・・

英語へ進んでもらえるように・・・

継続が力となる土台作りを したいと願っています。

現小学1・2年生対象です。6か月以上続けていただいた方限定で、
その後の英語講座の割引なども考えています。

072.gif小学1・2年生 特別 算数or/and国語講座072.gif 

10月開講!です。

水曜日 :  3:10 ~ 3:55 ・ 4:00 ~ 4:45 
金曜日 :  4:00 ~ 4:45 ・ 5:00 ~ 5:45 から1回もしくは2回選択できます。

45分授業・週1回 月4回 月3,000円
45分授業・週2回 月8回 月5,000円 


☆ 算数と国語は、とても大切な科目なのに・・・「繰り返し学習」が足らず、中学生になって苦労している生徒が多いので、小学1・2年生から、学習の習慣をつけてもらうことが目標の講座です。

☆ 算数・国語講座を6か月以上受講後、英語講座を受講の場合は、英語授業料を1ヵ月1,000円割引させていただきます。

☆ 小学3年生以上の算数・国語講座は、英語受講生対象のクラスのみです。

・ このクラスは、曜日・時間の変更はできません。また、欠席の場合の振替授業も行いません(この4つの時間内での振替は可能です)。

・ 定員は、先着順1クラス5名ほどを予定しています。

* このクラスは入学金5,000円が別途必要となります。3か月継続をお約束いただき、3か月分の授業料をまとめてお支払いの場合は、入学金は3,000円になります。

*入学金には、「豪商のまち 松阪 プレミアム商い券」がご利用になれます。授業料へのご利用はできません。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

お電話でのお問い合わせはできる限り火曜日~土曜日の14時~22時までにお願いいたします。

072.gif10月開講講座ご案内中です!072.gif

小学1・2年生対象 特別講座

セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

小学3~5年生 英語講座

小学6年生 英語講座

社会人英語講座 10月入学可能です。

基礎英語・長文クラス

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-24 10:22 | 2017年度 ご案内

てらこや日誌+お知らせ

The Classes Resume :)

おはようございます。

4日間のシルバーウィーク休暇が終わりました。

ゆっくりする・・・という目標はあまり達成できませんでしたが
リフレッシュできる休暇となりました。

あいにくの雨の木曜日となっていますが
さぁ、授業再開です。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_929332.jpg


All men by nature desire knowledge.

人は皆、生まれながらに学びを求める。


アリストテレスの言葉だそうです。

本当にそうだと思います。 

現代人は、いろいろな勘違いから、
子どもたちが学ぶことから遠ざけることばかりしているように思います。

学びは習慣です。

そして、大人の導きです。お子さんがなかなか「学習」の習慣がつかないなら
親御さんの生活も見直してみるといいかもしれません。

親御さんが、何か知らないことに出くわしたとき

「ま、いいか」という態度だったり、
人に聞いて済ましているなら、子どもたちは、おそらく同じ態度をとっていきます。

大人が、自然に物事を知ろうとし、
楽しく学ぶ姿を見せることが大切だと感じます。

物事を知ろうとする心と楽しく学ぶ姿勢大切にしたいと思います。

040.gif040.gif040.gif

寺子屋では、楽しく学ぶ大人の姿を子どもたちにも見てほしいとの思いから
☆ 社会人英語講座 ☆も開講中です!

056.gif基礎英語(基礎英会話)クラス

10月~12月 月曜日 月2回 75~85分授業 全6回
時間:月曜日 PM 8:05 ~ 9:20 or 9:30
日程:10/5・26・11/9・16・12/7・21


授業料:2通りのお支払い方法からの選択制となります。
Option 1 年会費5,000円 1回540円×6回 3,240円
Option 2 施設利用費 1学期分 1,000円 1回650円×6回 3,900円
初めて受講される方は、教材費3,000円が必要となります。

授業内容
・易しい英文を音読、数問の質疑応答
・日常を英語と日本語を交えて報告・自己紹介
・時間が許す限りCDでのリスニング
・交換日記による、日常生活の英語表現の練習


056.gif長文クラス
10月~12月 月曜日 月2回 70分授業 全6回
時間:月曜日 PM 6:50 ~ 8:00
日程:10/5・26・11/9・16・12/7・21


授業料:2通りのお支払い方法からの選択制となります。
Option 1 年会費5,000円 1回540円×6回 3,240円
Option 2 施設利用費 1学期分 1,000円 1回675円×6回 4,050円
このクラスは、全員 Optionの料金に加えて、教科書代2,000円が別途必要となります(1年間は使う予定です)。

授業内容
・高校1年生の英語教科書を使い、長文読解
・音読、内容把握、質疑応答、必要な場合の文法説明&文法問題解説など


* 2講座以上受講の場合、年会費は1講座分お支払いください。
* 年会員となられると、どの社会人講座も1回540円で受講できます。
* 授業料は前払いとなります。年会費、及び1回でも授業が始まった講座の授業料・教材費は返金いたしませんので、ご了承ください。

10月入学受付中です☆(*^_^*)

072.gif10月開講講座ご案内中です!072.gif

小学1・2年生対象 特別講座

セントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座

小学3~5年生 英語講座

小学6年生 英語講座

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-24 09:54 | 開講クラス紹介

寺子屋の日々 ~Days in Terakoya~ (てらこや新聞126号 亀井のコーナーより)

~ Men willingly believe what they wish. ~
~ 人は、自分の願うものを信じる ~


松阪では、また選挙が近づいてきている。私は、多くの人の期待を裏切るのだろうけれど、フェミニストではない。そして、「女性候補」―女性であることを主張する候補―にはめったなことがない限り、投票はしないと公言している。そして、今までの20年あまりにわたる有権者経験において、「女性」に投票したことはない。

それは、「女性」であることを強調し、主張される人たちは、大概、同じ女性でも、私の意見や立場を代表している人がいないからである。私は、結婚も、出産も経験をしていないし、経験する可能性は年々少なくなっている。けれども、「女性」なのだ。多くの女性候補や女性議員がおっしゃるように、「結婚」や「出産」をして、男性とは違う目線―  「女性」の目線を持てるのであれば、私は、「男性」に限りなく近い。そして、実際に「男性」の方が、私の意見や立場を理解してくれると感じることが年々増えている。

私には、「女性であること」、「シングルマザー」であることが強調されるなら、「男性候補」や「シングルファ―ザー」が大きな声で名乗りを上げない世の中はおかしくてたまらない。そして、私は、どちらも大きく主張されなくても当たり前になることが本当に、お互いを認め合える世の中だと思う。一人ひとりが、自分の役割を自分の意思で果たせる世の中が、本当の意味で「対等」なのだと思うのだ。

一方で、寺子屋を設立したとき、竹川さんと誓ったことがある。

自分たちが、どんなライフステージあっても、そのステージに合った状態で働ける環境を作ろう。

寺子屋は、産休から始まり3年までは休むことを可能にすることにしている。子どもたちの成長におけるこの3年間は、大切だと思うからだ。一方、竹川さんは、出産から2年で職場復帰をしているけれど、週2回、数時間ずつの勤務。社会保障がつくわけではないけれど、母子の精神的な健康と成長を考えて、私と2人で話し合い、ご家族のご協力を得ての復帰である。

女性は、確かに男性より、自分の意思とは反して人生の選択をしなければいけない回数が多いのかもしれない。けれど、「女性」だからより「女性」を理解しているわけでもなければ、「男性」だから「女性」を理解できないわけでもない。それは、逆もしかりであると思う。

Men willingly believe what they wish.
人は、自分の願うことを喜んで信じる。


ジュリアス・シーザーの言葉だ。だから、話し合い、協力し合うことが必要なのだと思うことが増えている。

同時に、人々がその話し合い、協力し合うための「言葉」を失いつつあることに危機感を抱いている。
(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-23 10:59 | 寺子屋の日々

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧