<   2011年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

お知らせ

小学生英語講座 7月開講予定!

小学4・5年生 英語講座
初回授業 7月6日(水)

水曜日 4:30~5:15

45分授業・週1回・月4回

月授業料 8,000円

入学金10,000円


アルファベット、ローマ字の習得
簡単な英会話表現の練習などから始めます。

中学校に入った途端に興味を失ってしまうような
楽しすぎる英会話の授業ではなく、中学に入っても
興味を持って英語学習に取り組める環境づくりを
目指します。

高校生対象の英語長文読解力強化クラスは
カテゴリ「寺子屋かめい」をご覧下さい。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-31 20:51 | その他の記事

中国案内 (てらこや新聞73号 吉田さんのコーナーより)

暖かい季節になりました。暑い季節というのは得意な方ではないのですが、春から夏にかけては寒い季節に比べるとやる気が出る季節の様な気がします。

しかし、やる気とは裏腹に春の陽気が誘う眠気をどうごまかすかが重要な課題にもなる季節です。

春になると思い出す北京の風景があります。この季節、北京の町には柳絮と言われる柳などの種を運ぶ綿毛が舞い飛びます。この辺りではあまり馴染みがないかと思いますが、中国の北京など北方のちょっとした名物になっている様です。

白くて丸い綿毛が舞う様は、よく春に降る雪の様だと形容されます。

しかし舞い散る量が多く、道路一面真っ白という日が続きます。外出時、ふと気を抜くと鼻や口にまとわりついてきますし、お掃除も大変そうでした。

春を実感させる柳絮はただ見ている分にはとても綺麗な綿毛ですが、日常生活では少し厄介な部分もある様です。

柳絮 (liǔxù)(リョウシュゥ)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-31 14:37 | 中国案内

Hello, everyone! (てらこや新聞73号 コタニさんのコーナーより)

みなさん、こんにちは。このコーナーでは、私コタニが「お茶と茶道」の世界を紹介しています。72号から始まったばかりですが、第2回目もどうぞ最後までお付き合いくださいね。

さて、前回は奈良時代から室町時代初めにかけて、茶がどのように中国から日本へもたらされ、広まっていったのかをご紹介しました。今回は、室町時代に注目してみていきましょう。

室町幕府の三代将軍足利義満(あしかがよしみつ 1358-1408)の時代に中国(明)との貿易が始まると、多くの絵画や陶磁器などが将軍家の蔵に収められました。中国から伝来した染織品や道具は、唐物(からもの)と呼ばれ、その中でも茶道具の天目茶碗や茶入などは座敷飾りに用いられるようになります。

1378年、義満は現在の京都市上京区へ邸宅を造りました。この邸宅は室町殿(むろまちどの)や花の御所と呼ばれ、内部には会所(かいしょ)が設けられました。会所は、連歌やさまざまな芸能を楽しむ場として、文化的に、時には政治的に利用された場所でした。この頃からは、一部の上流階級を中心に、現在の茶事に通じる形式に沿った茶会が催されるようになっていきました。

将軍の身近につかえ、芸能に関するさまざまな仕事を任されていたのが同朋衆(どうぼうしゅう)と呼ばれる人たちです。庭園造りから唐物の選別・保管などに加え、茶会も彼らの仕事のひとつでした。

時代は移り、京都では東山文化が花開く時代を迎えます。八代将軍足利義政(あしかがよしまさ1436-1490)は、1482年に東山(現京都市左京区)の地へ東山殿(東山山荘)を造り始めました。翌年には彼自身も移り住み、禅僧などと交流を持つうち、書画や茶を楽しむようになりました。そして、同朋衆の能阿弥(のうあみ)からの紹介で村田珠光(むらたしゅこう 1423-1502)を奈良から招き、茶の湯を学びました。

珠光は禅寺の僧でしたが、京都で義政に茶を教えるようになると、自身は大徳寺(京都市北区)の一休宗純(いっきゅうそうじゅん 1394-1481)から禅を学びました。珠光は、「草庵の茶」の茶を 理想とし、簡素で落ち着いた禅宗寺院の茶に沿った茶法をつくりました。そして、それまでのぜいたくで華やかな茶会から、用いる道具も簡素化させて四畳半の狭い部屋で行う茶会へと改めていきました。

義政が茶を愛好しだすと、「茶を飲むこと」が一般の人たちにも流行し始めました。寺社の門前など人が集まる場所では、「一銭一服の茶(いっせんいっぷくのちゃ)」という茶売りが人気を集めました。やがて茶売りたちは門前から市中へと進出し、気軽に茶を楽しむことのできる茶店が登場しました。


今回のレポートはここまで。千年以上の時を経て今に伝わる「お茶・茶道」、室町時代に入り、ようやくコタニのような一般庶民にもお茶が広まったのですね。第2回目のレポート、出来具合はいかがでしたか?ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせくださいね。

最後になりましたが、ここでコタニからの72号の掲載内容について、お詫びと訂正があります。
① 源実朝の読み方が間違っていました。正しくは「みなもとのさねとも」です。
② 宣長まつりでのお茶席を「椅子に座る立礼(りゅうれい)席」とご案内しましたが、今回のお席は桜松閣の和室にて行われ、お客様には畳に座っていただきました。

コタニの言葉を信じてお越しくださった方は、驚かれたことでしょう……ごめんなさい。これからは「見直しした?」と谷先生から念押しされる前に、しっかりと確認しなくては!

では、次回をお楽しみに…
See you soon♪

参考資料:裏千家HP キッズページ
茶道文化検定公式テキスト-茶の湯がわかる本- 茶道文化振興財団監修  淡交社 2008.9.27
学校茶道(初級編) 千宗室監修 (財)今日庵制作 2003.1.1
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-30 20:30 | Hello, everyone

休日日誌

至福の時間

昨日…5月28日は、結婚記念日でした。

そして・・・
待ちに待った・・・
小田和正さんの
コンサートツアー「どーもどーも その日が来るまで」
三重県でのコンサート日でもありました。

結婚記念日に小田さんのコンサート。
至福のお祝いです。

休日に、
ほとんど伊勢方面へ出かけない我が家・・・
せっかくなので、
ついでにおかげ横丁にも行こうと言っていたのですが、
何せ台風が近づいていたこともあり、
お天気が良くないことが分かっていたので、
おかげ横丁は早々に諦め、
コンサートを純粋に楽しむ一日になりました。

三重県営サンアリーナが会場でした。
先月出かけた、福山雅治コンサートと同じ会場です。

今回の小田さんのコンサートは17時開場だったので、
15時前に自宅を出発し、
早く着きすぎかな~なんて言いながら車中過ごしていたのですが・・・

伊勢鳥羽二見ラインの朝熊出口前にはすでに、
そこで降りようという長蛇の車の列ができていて・・・
びっくり(@_@)

福山さんのライブの時には、
ここまでではなかったぞ・・・と
恐るべし小田和正・・・と思い知らされました(~_~;)

雨というあいにくのお天気ということと、
おそらく・・・
福山さんのコンサートに比べれば年齢層が高いだろうから
みなさん車で来ているのかしら・・・なんて思いましたが・・・

駐車場に行きつくまで、結構時間がかかりました。
今回も・・・
名古屋ナンバーや岐阜ナンバー、滋賀ナンバーの車はざら・・・
相模なんてナンバーの車もいて、
びっくりしました。

さすがに!?
コンサートグッズ売り場は、
福山さんの時のような長蛇の列、
「最後尾はこちら」なんてお知らせもなく、
すんなりと、パンフレットと小田さんのドキュメント本を
購入できました。
c0115560_21473376.jpg

会場の中に入ると・・・
福山さんの時とはステージの位置が違っていて、
今回の席は、
ちょうどステージの左後方といったスタンド席でしたが、
アリーナ中に花道と小さなステージがあり、
「今日も走るんだな・・・」とわかり、
近くまで来てくれるんだ~と
楽しみになりました。

本当にすぐそこに小田さんが来てくれて感動しました。

最新アルバム「どーも」に収録されている曲、
すべてを披露してくれました。

ずぅ~っと車の中で、
ここ1カ月ほどCDを聞いていたので、
口ずさみながら堪能しました。

名物企画!? 「ご当地紀行」も面白かったです。
桑名、四日市、鈴鹿、津・・・
それぞれの地での小田さん、お茶目でかわいいです。
桑名で出くわしてしまった!? 強引なおばちゃんに
ついていく小田さん・・・笑えました。

津まで来たなら・・・
松阪にも立ち寄ったのか!? と期待しましたが、
時間が足りなかったようで、
松阪には立ち寄られなかった模様・・・残念。

毎度毎度、そのご当地で、このビデオクリップを撮るのは、
大変なことだろうな~と思いながら、
観客としては非常に楽しいひとときです。

今回は、
しとしと降りしきる雨の中、
雨合羽を着て、
津の海岸で、観客の合唱向けに「ふるさと」を
ひとりギターを弾きながら歌う小田さんの映像がありました。
誰もいない海岸で、雨合羽で歌う小田さん・・・
切ないようなかわいいような・・・

「さぶい・・・」と唇を震わせている小田さん、
こんなシーンを見ると、
ますます好きになってしまいました(~_~;)

60歳を超えているとは思えない体力と、
圧倒的な声量の、すみわたった歌声。

至福の3時間を楽しみました。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-29 21:56 | 日記

てらこや日誌

ときどき・・・たまに・・・最近よく

思うことがあります。

高校生の悩み事が、迷いごとに見え・・・
共感することができないのは、
私が年をとったせいだろうかと・・・。

私が高校生だったときとは
時代が大きく違うということを考えても

こんなにどうしょうもなく、無気力な
迷いがあっただろうか・・・

ただ、がむしゃらに、ただ、毎日が
悲しくても、楽しくても
苦しくても、目の前のことに夢中になっていたら
過ぎていたように思うのは、私が年をとったからだろうか。

そして、ただ、周囲の多くの人々のいうことに
ときには反発し、ときには反論しても
信頼と敬意を持っていたと思うのは
私の思い込みだろうか。

悩みは、時が解決してくれるということを信じていても
信じていなくても、

気がつけば、次の悩みへと移っていて
時がいつのまにか解決まではしないときも
痛みを和らげていた。

高校に行くことがあんなに嫌だったのに
その時代の友と
今も楽しく語り合える日々が・・・
今の私にはとても楽しいけれど・・・

この歓びが、彼らに訪れることがあるのだろうか。

なぜだろう、今の子どもたちの悩みは
迷いにしか見えないときが多く
深くはなくても、長く
希望が見えてこないことが多いのは・・・

多分・・・
小さい頃から「取捨選択」をさせられていないから
なのではないかと私は思う。

宿題をするのが嫌なら
しないで叱られるか
いやいやするかの選択肢しかなかったのに

今の子どもたちは、「しない」し「叱られない」という
選択肢があると思っているし
実際にあるらしい。

それは、子どもたちを将来的に不幸にする・・・。

大人はそろそろ、自分たちが子どもたちの小さな問題を
前もって取り除いてしまうことが、
後々子どもたちに大きな問題を与えていることに
気付いてほしいと・・・今日は高校生の話を聞いていて
強く思った。

子どもたちに嫌われても伝えなければならない
現実がある。

世の中、そんなに甘くはない。

今週は週初めに、私の高校時代の生活習慣を聞いて

「変わった高校生だったんですね」

と言われたときにも感じたけれど

今日の、高校3年生の話に・・・

改めて、私は幸運な人生を送ってきたと
自分の置かれた環境や周囲の人々に感謝した。

そして、私は、自分が与えられたものを
社会に返す努力をやはり続けたいと思った。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-28 23:22 | 日記

世界の街角から ~Da Esquina do Mundo~ (てらこや新聞73号 木下さんのコーナーより)

ブラジルのリオデジャネイロのある公立中学校に、元生徒が銃を持って押し入り、突然何の罪もない12名の学生を殺害するという痛ましい事件が起きました。犯人は犯行後自殺したので、この狂気的な犯行の理由は分かりませんが、精神異常者であったようです。13歳、14歳の夢のある子供たちが突然多数殺され、こちらでは毎日のように大きなニュースとして扱われています。

このような事件は、先進国では時々起こることを知っていましたが、まさかブラジルのような明るい国(ストレスがあまりない国)で、また途上国で起こるとは思ってもいませんでした。もちろん一般化することはできませんが・・。つまり、ブラジルの犯罪率は極めて高いのですが、こちらでは、貧富の差が由来する「貧困者が(お金が欲しくて)金持ちを狙う」という犯罪の構図が大きく、今回のような精神的な問題が由来するものはほとんどなかったからです。

今回の事件でいろいろ考えさせられました。何が犯人を犯罪にかき立てたのか、学校のセキュリティーはどうだったのか、殺された子供たちのこと、残された家族のこと、そして、自分の横で友人が殺されるのを間近で見て、生き残った子供たちのこと。自分の身になって考えるとやはりつらいですよね。やりきれません。また、被害にあった方々には大変失礼ではありますが、何が起こるかも分からない世界で、毎日毎日を大切に生きなくてはいけないなと実感しました。
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-27 14:40 | 世界の街角から

お知らせ

現在、入学ご案内中です。

詳しくは、
下の記事をご覧いただくか、
カテゴリ「寺子屋かめい」をご覧下さい。
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-26 18:30 | その他の記事

スポーツのススメ (てらこや新聞73号 荒木先生のコーナーより)

東日本大震災という、国難ともいえる大災害がおこりました。南北に400kmという広範な海岸線沿いを中心に破壊しつくされた街の光景を、毎日のようにテレビで目にします。被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げると共に、1日も早い復旧のために、私自身何ができるのか日々考えさせられております。

スポーツ界ではいち早くイチロー選手が1億円の寄付金を行ったと報道にありました。

あまり報道されていませんでしたが、イチロー選手は、過去にもいろいろな災害時に義捐金を送っていたそうです。今まで、金額は非公開でした。しかし、今回はあえて1億円というとてつもない金額を公表しました。

瓦礫を撤去するだけでも、1兆円以上必要だといわれています。30万人とも50万人ともいわれる避難者さん達に、毎日支援物資を届けるにもお金が必要なのです。

初動の遅れていた日本のスポーツ選手達は、イチロー選手の行為に応えるかのように、次々に義援金や募金活動などを行いました。

金額だけが大事とは思いません。自分達にもできることがあるんだという、彼の問いかけは、スポーツ界だけでなく広く日本中に浸透したはずです。

日米通して、偉大な成績をあげている彼に憧れ、辛い避難所生活の中にも希望を抱く子供たちは多くいるでしょう。一流のスポーツ選手、またその競技の持つ力を、改めて思い知らされました。

余談ですが、ゴルフの石川遼選手は、何と今季の賞金を全て寄付する決断をしたそうです。賞金以外にも、彼がバーディーをとるごとに10万円など、何とも夢のある支援方法だと思いませんか。一層の活躍が期待されます。石川選手のシーズンが終わる頃には、あの時は大変だったと振り返られるよう、人も心も前に向いていられるといいなと思います。
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-26 18:24 | スポーツのススメ

てらこや日誌

なぜ英語を学ぶのか

てらこや新聞ブログを始めて、4年以上が経ちますが、

「なぜ英語を学ぶのか」

という検索ワードが毎月上位にあがってきます。

英語を学ぶ理由は人それぞれだと思いますが・・・
「寺子屋」と名づけて、我が塾をスタートしたとき

「よみ・かき・そろばん」を英語でも!

という意味をまず第一に込めました。

それは、私たちが英語を学ぶことを続けてこられたのは、
「英語」を習得することが目的ではなく、
「英語」を通して、いろいろなことを学ぶことが
楽しかったからです。

英語習得が目的ではなく、その先を見ていたからです。

今、英語を教えていて
高校生でも・・・

・辞書の引き方がわからない

・質問の仕方を知らない

・教科書の活用ができない

・単語の覚え方がわからない

という生徒が多くいます。

そして・・・英語の成績が悪いのは、英語のテストで点数がとれないのは
英語が難しいからだと思い込んでいるのです。

違います。

上に書いたことは英語以前の問題ですし、
また、英語というものを誤解していると思います。

英語は、日本語と同じ言語です。
それ自体を習得することが目的では・・・
職業は自ずと・・・言語学者か、英文学者くらいでしょう。

自分の人生の視野や幅を広げるために英語を勉強する
という姿勢がなければ、いつまでたっても、英語は習得できません。

そんな思いをこめて、今年は、めずらしく
高校生クラスを積極的にご案内しています・・・

英語が楽しい、塾に来るのが楽しいと思ってもらえれば、
まず1歩前進・・・

そして、英語を通して、物事の見方、考え方が変われば
英語の成績だけではなく、他の成績も上がるはずです。

勉強も少しずつ楽しくは無理でも・・・少なくとも苦痛は減っていくと思います。

私は、英語を通して、多くのことを学んできました。
数学も中学生には教えますし、
大学では、ポルトガル語を専攻し・・・
アメリカの大学院の専攻は・・・公共政策学部の都市・地域計画

でした。

少しでも多くの子どもたちに、英語を学ぶ楽しさを・・・
そして、それを通して英語で広がる自分たちの世界を
知ってもらえたらなぁ~と思っています。

改めて、日誌にこれを書こうと思ったのには、もちろん、
昨日の高校生の授業がきっかけなのですが・・・
テスト前、テスト明け、いろいろな立場の高校生が
この5月後半から、6月前半までいますが・・・
少しでも楽しく勉強してくれたら・・・と思っています。

高校生長文強化クラスのお知らせは下↓の書き込みをご覧下さい。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-25 17:44 | 日記

お知らせ

高校生長文強化クラス

入学ご案内中 
(随時入学可能)(補習が必要な場合があります)

松阪高校2年生クラス以外は基礎力強化クラスとなります。

高校1年生
☆ 三重高校 3年制 特進コース
水曜日 8:05 ~ 9:35(教科書)
土曜日 5:00 ~ 6:15(文法)(延長の場合あり)

学校の授業の進度により、文法クラスは教科書(長文)クラスに変わる場合もあります。

高校2年生 

☆ 皇學館高校 6年制
火曜日 8:05 ~ 9:20 (文法)  
土曜日 5:00 ~ 6:30 (教科書)(延長の場合あり)

学校の授業の進度により、文法クラスは教科書(長文)クラスに変わる場合もあります。

☆ 三重高校 3年制 特進コース
火曜日 8:05 ~ 9:20 (文法)  
土曜日 6:40 ~ 8:10 (教科書)(延長の場合あり)

学校の授業の進度により、文法クラスは教科書(長文)クラスに変わる場合もあります。

☆ 三重高校 6年制 
火曜日 8:05 ~ 9:20 (文法)
木曜日 6:30 ~ 8:00 (教科書)

☆ 松阪高校 理数科・普通科 
火曜日 8:05 ~ 9:20 (文法)  
金曜日 8:05 ~ 9:35 (教科書)

高校生クラス 授業料 月20,000円 
(授業料には※正規補習料を含みます)

全クラス 入学金10,000円が別途必要となります。
その他の学校、学年についてもお気軽にお問い合わせ下さい。
検討させていただきます。


tel/fax 0598-21-0148  
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。
※正規補習料の定義は案内書をご覧下さい。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-24 09:01 | その他の記事

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧