<   2011年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

スポーツのススメ (てらこや新聞70号 荒木先生のコーナーより)

浅田真央選手が今季不振と言われていますね。

今季は16歳の村上佳菜子選手が、女子シニアフィギュアスケートで華々しい成績を収めています。次世代を担うであろうホープの登場に、すでにマスコミだけでなく多くのファンが魅了されています。

しかし、浅田選手がシニアデビューを果たしたシーズンのことは、今なお忘れることが出来ません。当時若干15歳の浅田選手は、「真央ちゃん」の愛称で一躍日本国民の人気者となりました。日本人離れした恵まれた体型に、愛くるしい笑顔。柔らかくしなやかな体。ポンポンといとも簡単そうに難易度の高いスケーティングを見せ、「楽しい!ワクワクする!」と語り、のびのびと演技をしていました。昨今のフィギュアスケート人気に火をつけたのは、間違いなく彼女だと断言できます。

彼女の武器は、ジャンプだと言われていますが、個人的には“柔軟性とポジショニングの美しさ”にあると感じます。

ここでいう“柔軟性”とは、単に関節が動く範囲の広さだけの問題ではありません。

難しい姿勢を支える筋肉の力、腱及び靭帯の強固さ、身体のバランスを正確に把握する力、それらの総合力と考えます。

今の浅田真央選手は、ソチオリンピック金獲得にむけて「ジャンプ」を一からやり直している段階。得意だったはずのジャンプの、一つ一つを見直し、跳ぶタイミングと跳び方を変えて、ジャンプ・コントロールの変更をしているそうです。

従来自然に体が動いてくれた動作を、言語化・理論化して自分のものにしていく作業。つまり、彼女の中のスケートそのものと向きあう作業といえます。悪戦苦闘しながらも、気が遠くなるほど滑り込むしかありません。

まだまだ時間が必要でしょうが、彼女のもう一つの武器は“あきらめないで努力をし続けること”にあると思いますので、きっとこの壁を越え、さらなる飛躍をみせてくれるでしょう。それが今からとても楽しみです。
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-31 21:06 | スポーツのススメ

寺子屋の日々 Days in Terakoya (てらこや新聞70号 亀井先生のコーナーより)

~ 伝える力 伝わる心 ~

昨年末、お歳暮を届けに行ったとき、ある方から「あなたは、人を大切にする。それがあなたの良いところだと私は思う」と・・・お褒め(?)をいただいた。ここにきて、友人からも同じようなことを言われることが増えている。ありがたい一方で、こそばゆい。それは、私自身が大切に育てられたから、自分がされてきたことを他の人にもしているだけだからだ。私はその周囲の人々に恵まれてきたのだ。

そして、私の周囲には、ある意味「変わった」、でも素晴らしい人々がたくさんいてくれることに、昨年は特に感謝する1年だった。

2010年12月12日、私は福岡にいた。11月の初めに突然メールで、私が無理を言って付き合ってもらったのだけれど、その日誕生日を迎えた私のために心づくしの楽しいひとときを旅先で、大学時代の親友からプレゼントしてもらった。その彼女から年末に届いたカードには、私にはあまりある言葉が並んでいた。そして、同じように心のこもったたくさんのメールやメッセージが誕生日には友人たちから届いていた。

また、昨年ほど寺子屋のスタッフの素晴らしさを感じた年はなかった。年々感謝が積もっていくけれど、特に昨年の私は、しなければいけない(?)ことが多すぎて、今までになく、仕事が滞っていた。アシスタントを含め寺子屋のスタッフである彼女らがいなければ、また彼女らでなければ、1年を通して私は仕事を続けられなかったかもしれないとまで思った。

そして、2011年が幕を明けた。受験シーズン本番を迎える直前に、多くの人-特に、保護者の方々-に考えて欲しいことがある。高校や大学への進学の目的は何なのか。

もう20年も昔の話だけれど、私は、大学へ疑問を持たずに進学を決めている。もちろん、私は勉強が好きだった上に、勉強したいこともあったので、当然と言えば、当然の選択だった。そして、4年後「働くこと」と「勉強すること」を天秤にかけ、「まだ働きたくない」のが1番の正直な理由だったけれど、たくさん尤もらしい理由をつけて、アメリカの大学院へと進学している。

そして、高校卒業後20年、大学卒業後16年、大学院卒業後13年が経過して、今振り返って私に何が残っているのか。もちろん、勉強したことは大いに役に立っている。けれど、それ以上に役に立ち、感謝できるものがある。それは、人脈、人との絆である。

大学進学を望む生徒にとって、高校も大学も就職予備校ではない。高校も大学も教養をつける場所である。学問と課外活動を通して、生徒たちが身につけるべき、最も大切なものは「教養」で、「資格」ではないはずである。「教養」とは・・・「学問、幅広い知識、精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力。また、その手段としての学問・芸術・宗教などの精神活動。社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識。(大辞泉)」だ。難しいけれど、人間が生きていく上でとても大切なものであると私は思う。

人の命、人の生活はつながっていく。私が自分の人生の中で与えられた教養は、私が教える生徒たちにつながっていく。そして、私に与えられた教養は、私だけに与えられたものではない。私とともに学んだ学友たちと共有されていく。そうして、世の中が続いていく。立ち止まって、そのつながりを確かめる余裕が今の日本には必要ではないかと感じることが多い。

昨年末、母が荒木先生に診察を受けた。そのとき母の手を見た先生が「娘さんと同じ手をしていますね」とおっしゃったという。私の身体には、両親の血が分けられていて、私の培った教養には、多くの方々の努力が詰まっている。そんなことを考えながら、今年も与えられた縁と絆に感謝して、私のできることを精一杯していきたいと思っている。

今年もどうぞよろしくお願いします。

(Y.K)
平成23年1月1日
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-30 20:59 | 寺子屋の日々

不思議な宣長さん (てらこや新聞70号 吉田館長のコーナーより)

第一話 宣長さんは高い所が好き

和歌子 らんさん、あけましておめでとう。お正月は楽しかった?

らん  先生おめでとうございます。楽しかったけどお餅を食べ過ぎました。

和歌子 初詣は行きましたか。

らん  近くの、ほらあの山の上の神社にお参りしました。

和歌子 山って、きっと四五百(よいほ)の森のことね。その隣にある松阪城跡が今年、国の重要文化財になるのよ。

らん  お城って無いでしょ。石垣だけだよ。

和歌子 石垣がすばらしいから、指定されるのよ。

らん  ところで先生、どうして「よいほのもり」って言うのですか。

和歌子 実は、よく分からないの。本居宣長(もとおり・のりなが)の名前は聞いたことがあるで しょ。

らん  一応は。

和歌子 江戸時代を代表する古典研究家で、ことばにも詳しくて、日本中からいろんな人がわざわざ松阪まで質問にやってくる位すごい人なんだけど、でもその宣長も、なぜ「よいほのもり」なんだろうって首をかしげているの。

らん  宣長って『古事記』だっけ、そんな古い本を解読した人だと思ってたけど、私と同じようなことも考えてたんだ。

和歌子 らんさんは松阪城跡にある「本居宣長旧宅」は知ってる?

らん  「鈴屋」(すずのや)、宣長まつりの時、行ったことがあるわ。

和歌子 あの家はもともと魚町にあったの。らんさんが今言った「鈴屋」は二階の書斎の名前なんだけど、二階の窓、大きいの。屋根裏部屋って暗い感じがするけど、窓が大きいから明るくって気持ちがいい部屋なのよ。宣長の自慢の一つは、あの窓から見る景色。

らん  何が見えたの?

和歌子 魚町にあった頃には、四五百森の石垣や木々が見えたのよ。

らん  へえー。

和歌子 ちょうど宣長の頃、松阪の人たちは、自分の家の二階とか三階から、堀坂山が富士山のように見えるとか、たとえば新座町のお医者さんは、昔は白い猪は薬になったそうじゃが、その白猪の山、白猪山が手に取るように見えるんじゃ、と自慢し合っていたの。

らん  部屋からのロケーションを楽しむなんて、なかなかぜいたくですね。今のマンションの広告に使えそう。

和歌子 宣長は何にでも関心を持った人だけど、毎日眺めてる四五百森に興味があったとしても不思議ではないわ。ところでらんさんは、宣長が高い所から眺めることが好きだったことは知ってる?

らん  高い所が好きなんて知りませんでした。

和歌子 富士山にも登ったし、京都では清水寺がお好みの場所よ。

らん  修学旅行で清水の舞台には行きました。京都の町がよく見えました。

和歌子 宣長は「見る」ことに関心があったの。例えば望遠鏡で見る。鏡を見る。高い所が好きなのも見晴らしがいいから。つまり手に取るように見えるから。地図も好きなんだけど関係がありそうね。そうだ、今年は宣長について少しお話ししてあげようか。けっこう楽しいわよ。
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-29 21:32 | 不思議な宣長さん

まえがき (てらこや新聞70号 竹川のコーナーより)

~A Happy New Year 2011!!~

新しい年の幕開けです!!

一年間お世話になった手帳やカレンダーを新しい年のものに取り替えると、いつも何だか心躍るような、それでいてきりっと引き締まるような気分になります。

今年も昨年と変わらずゆったりと過ごすお正月でしたが、仕事始めを経て、いつもの日常が戻ってくると、一気に通常モードに切り替わるというのも、何だかホッとするような、それでいてやはりシャンと背筋の伸びるような気分になります。

私の今年の抱負は・・・「心穏やかに過ごす」。

対向車もない追い越し可能な道路で、前の車にぴったりつけて煽って走る前の車を見るだけでイライラし、「何、あの車は!? 何がしたいのか、全くわからん!!」と口にした瞬間、「あ、『心穏やかに』だった…」と思い直す新年の始まりです。。。

今年、節目の年齢を迎えます。しっかりした土台のささやかな箱の中に、いろいろな経験を、一つずつ積み木をするように入れていけたら…と思っています。また、心穏やかに過ごせるように、伝えるべきことを伝える努力を続けたいと思います。

皆さんにとって新しい一年が素晴らしいものでありますように!!

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-28 15:09 | まえがき

あとがき (てらこや新聞69号 亀井先生のコーナーより)

今年最後の「てらこや新聞」の竹川さんのまえがきにも、私のエッセーにも大いに表れているように、今年は私たち講師たちが皆、一様に悩み、考え続けた1年でした。その一方で、多くの方々に支えられ、ここまでやってこられたのだと実感する1年でもありました。皆さんありがとうございます。そして、この新聞発行にあたっては、今年も1年間、連載の皆さん、本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

そして、その多くの方々のお1人が、今回、巻頭コーナーのエッセーを提供して下さった荒木先生です。私が荒木先生に、初めてお目にかかったのは、昨年の冬、体調を崩して病院に行ったときのことで、そのときに父の塾に通われていたとお聞きしたので、今年の6月末から指の骨折で毎週のように通院するようになり、「てらこや新聞」をお届けしていました。そして、11月のある日、診察室で渡された封筒の中に入っていたのが、今回のエッセーです。

私は、昔から頭痛持ちで、若い頃から生理痛もストレスも全て頭にくることが多く、33歳の春からは数ヶ月に1度、日常生活も困難になるような頭痛に悩まされるようになりました。そして、その頭痛もストレスとなり・・・悪循環という日々が続いていました。が、不思議なことに、頭痛はいまだにあるものの、日常生活が困難になるような頭痛は7月の夏休み第1週目以来起こっていません。それには、荒木先生の一言と存在が大きいように思います。私は、他の持病とともに偏頭痛のためにも、津の三重大学医学部付属病院に通っていましたが、夜仕事をし、決まった曜日の午前中に行き、長時間待たないと処方箋をもらえない病院に通うことも、今年は、ストレスとなっていました。そして、荒木先生に出会うまでの松阪の病院の先生方は、「頭痛ごときで」という反応で、鼻で笑われる先生もいらっしゃいました。確かに、誰にでも起こりうる頭痛ですが、頭痛が嘔吐を引き起こし、食事はもちろん、水すらも飲むことが困難な状況が数日続く私と、私の家族には、この偏頭痛は深刻な病気なのです。そして今年の7月の大切な夏期講習の初日、夏期講習も、正規の授業も他の先生に代役を頼まなければならない状況でした。翌日、2日間はさすがに休めないので午後からの仕事に備え、点滴を受けに堀江クリニックを訪れた私に、先生は「いろいろと試してみましょう」とやさしい笑顔で言われました。そして、おそらくこんな近くの病院に何かあったら状況を知ろうとして下さる先生がいるということで、ストレスがかなり和らいだのだと思います。このところの頭痛は、薬を飲み少し寝る時間が取れれば・・・仕事にも生活にもそれほど支障がないようになっています。

そんなこともあり、今回の先生のエッセーに、お人柄が出ていて思わず、微笑んでしまいました。整形外科医としては、「その通り!」と言ってもいられないけれど、ご友人の姿が 「かっこいい」とおっしゃっている先生の姿勢がそのまま普段のご様子に表れていると思ったからです。

一方、同時に、ご友人の姿が子どもたちの姿と重なり、少し不安にもなりました。この先生のご友人はおそらく私たち世代の方です。ご友人の自分を鍛える・・・というお話、私も同感です。私は、1日中走り続けるほど、自分に厳しくはありませんが・・・少しずつ自分の可能性を広げる、可能性を知るという努力を怠りたくないと思っていて、高校卒業まで惜しげもなく1日9時間寝ていた私が、ここにきて1日が24時間で1週間が7日というのがなんとも惜しいと思うことまであります。

が、気になるのは、高校生たち、大学生たちです。ティーンズの頃から子どもたちが、クラブに勉強に、クタクタになっている姿に、私は危機感を持っています。そして、何かをしていないと、誰かといないと落ち着かない 若者の姿に異様さを感じます。「よく遊び、よく学べ」がモットーだったのではないかと思うほど、いつも余裕を持ち、しっかりと自分の時間を楽しんで過ごしてきた私には、子どもたちの疲弊が・・・親世代の私たちの「頑張る」ことへの異常なまでのこだわりのせいではないかと思えます。人生は長いのです。そして、そのときそのときの自分たちの年齢でしか体験できないことが沢山ある-それを犠牲にしているとしか思えないような姿で、頑張り続ける子どもたち-そのうち、息切れしてしまうのではないかと・・・心配です。クラブと勉強さえ両立させていれば、「文武両道」というわけではないと思うのですが・・・。

そして、私たちが今40歳を前に、しっかりと頑張ることができるのは、若い頃に休み方、頑張り方を身に着けてきたからだと思うのです。

と・・・1つ1つの記事に感想をつけていたら、あとがきだけで新聞ができてしまいそうです。皆さんの興味深い記事に、今年は、愚痴っぽいエッセーの多かった自分が恥ずかしいと思うことも多い1年でしたが、この1年間の哲学の日々を来年は、前向きな子どもたちへの対応に生かせていけるように努力を続けたいと思っています。

来年もどうぞよろしくお願いします。

PS:私の幸せを考えて(?)、私が同世代の男性をほめると異常な反応を示してくれている生徒と友人たちのために、以前の小野君のことを書いたあとがきと同じように、断っておきます。皆さんの期待に応えられず(?)申し訳ないのですが、荒木先生は、お子様もみえる既婚者です。

(Y.K)

*2010年12月15日発行てらこや新聞の記事です*
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-27 20:30 | あとがき

かめいのおきて Terakoya's RULES (てらこや新聞69号 亀井先生のコーナーより)

年末ということで・・・今年も、とても気になり、何度注意しても直せない子どもたちが多く、私たちが口をすっぱくして言い続けるルールで一年を締めくくります。

<提出物編>
ルール8:名前を書くこと。
ルール9:ていねいな字で解答を書くこと。
ルール10:きれいな状態で提出すること。
ルール11:問いの意味や解答欄の意図を考えること。


私にとっては驚きというより呆れの対象なのですが・・・提出物の解答に、消しゴムを使わない子どもが年々増えているように思います。間違った解答を線で消したり、鉛筆でクチャクチャとしたりして、余白に解答を書きなおし提出する。プリントやノートの一部を破ってしまってもそのまま提出、冊子になっていても、ノートでも、問題の最初や、表紙に戻さず自分がし終えた状態で出すなどというのは日常茶飯事です。そして、「ななしのごんべい」さんのいかに多いことか・・・。

はっきり言います。提出物も、ノートも人に見てもらうために書くものです。そして自分で見直すときにも使います。正解でも、添削、採点する人に、その字や解説が伝わらなければ正解ではありません。また、問われたことにきちんと答える姿勢は学習においてだけではなく、人間関係においても大切なことです。そして、このことをきっちりとできない子どもに思いやりの心を伝えることは不可能です。

提出するときもそうです。私たちが他の子のものを採点、添削している上に提出してくる生徒、他のものを押しのけるように自分のノートやプリントを押し付けてくる人、自分たちの方向を向けたまま提出してくる子・・・教室の前への提出を呼びかけたときに提出せず、授業中私たちが横を通ったときに渡そうとする生徒・・・が多くいます。目の前の情景に、どのように対処するべきかをしっかり考えて欲しいと思います。前述のような生徒たちを見ると・・・三つ子の魂百までもと言いますから、社会に出て上司に同じことをしたとしたら・・・と想像するだけで・・・ため息が出ますね。

皆さん、気をつけて下さい。

(Y.K)

*2010年12月15日発行てらこや新聞の記事です*
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-27 20:23 | その他の記事

世界の街角から ~Da Esquina do Mundo~ (てらこや新聞69号 木下さんのコーナーより)

もう少しでクリスマスですね。

ブラジリアでも,大きなビルだけではなく,各家庭の窓にもかわいらしい電飾やサンタクロースやトナカイの飾りが飾られ,外から見ても綺麗になってきました。またショッピングセンターなどにも 大きなクリスマスツリーが置かれ,プレゼントを買いに来る人たちを楽しませています。

ところで,ブラジルは(一部の地域を除き)南半球にありますので,今は夏まっさかり。毎日30度以上にも温度が上がります。日本にいると,クリスマスやお正月は「寒い中で」お祝いすることが通常ですから,こちらでのお祝いは,なんか変な感じですね。最近気づいたのですが,クリスマスツリーにも雪(綿)は飾り付けていないようです。まぁ,ブラジルは冬(6月~8月)でも暖かく,雪は降りませんからね。

ブラジルはキリスト教の国です。ブラジル人にとってもクリスマスはとても神聖な日ですから,25日は家族で静かに過ごします。でも大晦日・正月は,宗教的な意味はないため,日本と違って,騒ぎまくって,うるさいくらいになるようです。お休みも1月1日だけで,2日からは働き始めます(来年は日曜日だから休みですけどね。)

FELIZ NATAL E PROSPERO ANO NOVO!!(メリークリスマス & ハッピーニューイヤー!!)

*2010年12月15日発行てらこや新聞の記事です*
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-27 20:20 | 世界の街角から

お知らせ 3

中学生対象の復習学習クラス

火・水・木・土曜日 5:00 ~ 6:00
教材費&施設利用費1ヶ月3,000円 + 30分500円(1時間1,000円またはチケット)

(寺子屋生 教材費1,000円+30分300円、1時間600円)
☆12時間チケット9,000円 (1時間750円)
(有効期限半年または中学生卒業まで)(寺子屋生6,000円・有効期限中学卒業まで)

小学校や中学入学後、現在までに習った計算や漢字、英単語、英文の復習問題を繰り返し解くクラスです。

お問い合わせは寺子屋かめいまで

tel/fax 0598-21-0148  email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-26 15:57 | 開講クラス紹介

お知らせ 2

2011年度入学ご案内

寺子屋かめいでは、ただいま下記のような講座の入学ご案内をしています。

新中学1年生対象
セントヨゼフ入学準備英語講座
水曜日 5:25 ~ 6:25  
土曜日 5:00 ~ 6:15
初回授業 2月2日(水)
60分授業75分授業 週1回ずつ 月8回 月授業料 17,000円
入学金10,000円

☆ アルファベット(筆記体を含む)、ローマ字の習得から始めます。
☆ 4月より水曜日クラスは7:00 ~ 8:00に変更になります。
☆ また、遠方の方で、週2回の通学が困難な方は、土曜日の授業を2時間15分(途中休憩あり)とし、1日にまとめることもできます。ご相談下さい。(土曜日のみの場合は2月5日が初回となります)。

056.gif2011年4月新規開講の応援講座は下記のリンクをクリックして下さい!
セントヨゼフ女子学園受験応援講座

詳しくは・・・
カテゴリ「寺子屋かめい」をご覧下さい。

小学生体験英語講座は下記↓をご覧下さい!

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-25 09:18 | 開講クラス紹介

お知らせ 1

 2月開講 体験講座 
小学生対象英語クラス 体験講座全クラス定員7名まで(3名以上で開講)。
☆ 現 小学1・2年生クラス 
初回授業 2月2日(水) 授業日程2月9日・23日 3月2日・9日・23日予定
水曜日 3:40 ~ 4:20 
40分授業 2・3月 計6回 授業料 5,000円(教材費込み) 

☆ 現 小学3・4年生クラス 
初回授業 2月4日(金) 授業日程2月18日・25日 3月4日・11日・18日予定
金曜日 4:30 ~ 5:15 
45分授業 2・3月 計6回 授業料 6,000円(教材費込み) 

☆ 現 小学5年生クラス 
初回授業 2月3日(木)授業日程2月10日 ~ 3月24日までの木曜日を予定 
木曜日 6:00 ~ 6:50 
50分授業 2・3月 計8回 授業料 8,000円(教材費込み) 

長年続けても中学入学後あまり役に立たない英会話偏重の授業ではなく、適度に読み書きを含めた・・・
寺子屋自慢の 少人数小学生対象英語の授業です。
早めに英語学習を始め、長く続けていただくために、小学生の間はお得な授業料で受講していただけるクラスです。
上記の体験講座の受講料は、体験用に価格設定されていますので、4月から継続して受講していただく方の授業料、授業日程は下記のように予定しています。

☆ 新小学2・3年生クラス 
初回授業 4月6日(水) 授業日程4月13日・27日 予定 
水曜日 3:30 ~ 4:10 
40分授業 月3回  授業料 6,000円(教材費込み) 

☆ 新小学4・5年生クラス 
初回授業 4月6日(水)
水曜日 4:30 ~ 5:15 
45分授業 月4回 授業料 8,000円(教材費込み) 

☆ 新小学6年生クラス  
初回授業 4月1日(金)
水・金曜日 6:00 ~ 6:50 
50分授業 月8回 授業料 12,500円(教材費込み) 

小学2・3年生クラス ・ 月3回の授業日程は前月の2回目授業までに発表し、前月最終授業までにお知らせいただけば振替を致します。その月に入っての振替は原則としてできません。
056.gif座って勉強する習慣をつけ、アルファベットやローマ字の習得から始め、英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することから始めます。アルファベットの読み書き・英単語50個前後の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日など簡単な自己紹介の習得が主な目標です。
小学4~6年生クラス 
056.gifアルファベット、ローマ字の習得や英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することから始めます。アルファベットの読み書き・英単語60~70個の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日、       好きなスポーツ、色、通っている学校などの自己紹介の習得が主な目標です。また、DVDなどを使ってリスニングの練習、日本語作文指導をできる限り採り入れた授業となります。

お問い合わせは寺子屋かめいまで
tel/fax 0598-21-0148  email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話での問い合わせは火曜日から土曜日の14時以降でお願いします。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-01-24 21:40 | 開講クラス紹介

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧