カテゴリ:その他の記事( 102 )

寺子屋からのお知らせ Terakoya's Bulletin Board

“Yesterdayis history, tomorrow is a mystery, today is a gift, that’s why it’s calledpresent.”

「過去は歴史、未来は謎、今日という日は贈り物。だから「今」は「プレゼント」と呼ばれるの」

アメリカの歴史家であるアリス・モース・アールの言葉だそうです。

私の寺子屋かめいを創設時の夢は、コミュニティセンターのような塾を作ることそして、当初から時間が許す限り社会人の講座を開講しています。

それは、子どもたちが楽しそうに学ぶ大人たちを見ることのできる環境は、やはり子どもたちも自ら楽しく学ぶ努力ができる環境だと信じているから です。

わが父は、読書家で、勉強家でした。私はその父の背中を見て育ちました。そして、私は、5人兄妹の末っ子です。少し先の未来をいつも見て、自らの  未来を想像し、謎を解く努力ができる環境にありました。

過去は歴史、未来は謎 ― だけど、謎を解く糸口を歴史は私たちに残し、そして、謎は、いつしか「贈り物」になり、歴史になっていきます。

寺子屋かめいは、未来への小さな希望を少しずつ自分のものにして次へつなげるのが社会の営みだということを子どもたちに知らせる場所でありたいと願います。そのために、今年も社会人クラスを続けていきます。


c0115560_19204106.jpg
現在開講中の2クラス

まず 英語講座 月曜日1850 ~ 2000のクラスは現在センター入試の第六問の長文読解や高校生レベルの英文法に取り組んでいます。

多くの方が、センター入試レベルが難しいと考えておられるようですが、センター入試は高校英語の基礎レベルです☆ 学生時代英語が好きだったけれど、最近まったく触れていなくて、だいぶ忘れているわ(>_<)という方にお勧めのクラスです!

そして、後半の英語基礎クラス 

毎回、日本語と英語の割合は、73くらい・・・月に2回のクラスなので、その間の期間にしたことや起こった出来事を数行の英文にしてもらい、授業の最初に発表してもらいます。またその間に日記が宿題となります(^^

私が、大人の英語講座をし始めて気が付いたことが多くありますが

やはり、英語が難しいのではなく、英語への特別視と日本の文化の問題だなと、ここでも感じます。


c0115560_11372219.jpg

 外国語を学ぶことには二面性があると言われます。英語ばかりを見るのではなく、英語と日本語を照らし合わせて、違うことが当たり前であること、そして、不思議にも共通点があることを楽しむ―ことが外国語上達の秘訣です。また、その違いは、どちらも正しいものであることを忘れないでほしい・・・と願っています。

英語で「現在」のことをpresentといいます。そのために、最初に書いた名言が存在します。

英語も日本語と同様、人が使う言葉です。

その言葉を使う人々の文化へも思いを馳せてみませんか。(Y.K)



[PR]
by terakoya21 | 2017-03-05 08:30 | その他の記事

かめいのおきて (てらこや新聞138-139号 かめいのコーナーより)

こういうコーナーがかなり前にあったのですが・・・塩漬けになっていました。このところ、生徒たちの態度や、学習姿勢に毎日接していて、改めて気になるので、紙面に余裕があるときに復活させてみようと思います。まずは、3回目の連載のときに掲載した、基本的なルールをもう一度!

ルール6: 元気に、相手の顔を見てあいさつをする!

寺子屋では、私たちの手が空いている限り、講師が1人1人に「こんにちは」もしくは「こんばんは」のあいさつに続けて、「元気?」と声をかけます。

建物に入って、私たちの顔を見ても、まず自分からあいさつをしない -私たちが声をかけなければ、あいさつもしない―そして、私たちが「こんにちは」と声をかけても、「うん」というだけだったり、あいさつを声に出さなかったりのまま通り過ぎていく・・・そのような態度では、始まる人間関係も、始まらない。始まった人間関係も終わってしまうかも( ゚Д゚)

日本語で、身近な相手にそのような態度の人に、「英語」など無用の長物になるのではないでしょうか。

そして・・・会話における質問には、

ルール7: はっきりと返事をしよう!

あいさつの返事に「うん」よりも私を憤らせるのが、質問に返事がないことです。意地悪で、声の大きい私は、もちろん、「返事は?」、「はい?いいえ?」などと一段と大きな声で尋ねなおします。1対1の会話で返事がないということは、「無視された」ということです。難しい問題の答えを引き出そうとしているわけではなく、課題を書き終えたかどうか、探していたものがあったかどうか・・・などという即答できるものでも、返事がないのです。また、「えっと」と悩んでいる様子や、慌てているようなそぶりも全くなく、まるで自分は関係ないかのような振る舞いをする生徒もいます。クラス全体が、彼、もしくは彼女の方を注目していても・・・。

そして、40歳を越えて、意地悪に磨きがかかった私は、生徒たちに伝えます。

「以心伝心」という言葉の意味を知っていますか?

以心伝心は、もともと師から弟子の心に伝える意味でつかわれていたそうです。

だから、私は、あなたたちが声に出してくれないと心は、読めないし、読まない。そして、あなたたちの心を私が察するのではなく、私がいま伝えようとしている思いをくみ取ろうとするのがあなたたちの立場のはず・・・

私は、返事もしてくれない君たちや、きちんとした姿勢、態度で人の話を聞いたり、質問したりしない君たちの心を読もうとは思わない!!!

なんて、何度でも言い続けます(笑)。それが、彼らがほかの人の前でそんな失礼な態度をとらない人に成長するためになるから。。。

大人のみなさん、厳しく、優しい冷たさを子どもたちと接するときに持ってください。子どもたちの健やかで、健かな(したたかな)成長のために、どうぞご協力をお願いいたします。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2016-11-28 08:30 | その他の記事

臨時休講のお知らせ

休講のお知らせ

 本日9月8日(火)の授業は、
7時をもちまして休講とさせていただきます。
お問合せのお電話等は、明日以降にお願いいたします。040.gif

 東海地方は明朝にかけて大雨057.gifの予報がでております。
みなさま、どうぞお気をつけてお過ごしください。
[PR]
by terakoya21 | 2015-09-08 18:36 | その他の記事

子育てのレシピ ~ かめい家編 ~

連載できるかどうか…不安なのですが、9周年記念号ということで新しいコーナーに挑んでみます。名付けて「子育てのレシピ ~かめい家編~」。

この仕事を始めた頃、私の悩みは自分に子どもがいないことを指摘する親御さんや友人の言葉への対応に関するものが多くありました。そして、私は、しばらくの間、そのような人々に、内心けんか腰で「だったら、私に相談するな!」、「私に子どもを預けなきゃいいだろう」という気持ちで接してきました。けれど…子どもたちと長く過ごせば過ごすほど…親になったことがないから、子どもがいないからこそできることが私にはたくさんあることに気が付くことが増えました。そして同時に、私は、私を育ててくれた両親や周囲の年長者の方々へ感謝するようになります。

そこで、どのように私が育てられたかを振り返ってみて、私が感謝している親の言葉や教えを挙げてみようかと思い立ったのです。(*^_^*) よろしければ、読んでみてください。

1st Recipe !
「勉強が学生の仕事」 「勉強をするのは当たり前」

私は小学6年生の9月に、思いつきで母校の「私立中学校」の受験をしたいことを親に伝えました。そして、思いがけず「合格通知」が届き、入学が決まったときに母に言われたことがあります。その言葉が、私の学生時代の「支え」となりました。

「お父さんも、お母さんもあなたに学校に行ってもらうわけではない、行かせてやるんだ。だから、雨が降ろうが槍が降ろうが私は送っていったりはしない。30秒もあれば通える位置にある中学校ではなく、50分もかけて通う中学校を選んだのは、あなただ。自分できちんと通いなさい。」


7年間在籍した私立中学・高校に通う間に、もちろん、「槍が降る」ような日はありませんでしたが、私は、雨が降ろうが、雪が降ろうが、大雨だろうが…自分で学校に通いました。

…もちろん、そんなことを言いながらも母は、体調の悪い時くらいは、駅まで送ってくれることがあったり、体調が悪ければ、学校へ迎えにきてくれることもあったりしましたが、わが両親は…いつも私たちの義務をしっかりと認識させ、果たさせるように、厳しく、でも優しく私たちに語りかけてくれていたのです。

そうすることで、「学校に行くことも、勉強をすることも自分のため」であることを私に認識させ…また、「勉強が学生の仕事」であるから、「社会の一員として、自分の役割を果たせ」と教えようとしていたのだと思います。人間は1人1人が社会の一員です。たとえ1人の力は小さくても、その1人が、子どもであれ、大人であれ、自分の目の前の「するべきこと」をしないことは、昔ならほかの人を危険に陥れることでもあったのです。今は「危険」にさらされることはないかもしれませんが、ほかの人の負担が増えていることが多くあります。1人1人が役割を果たすことの大切さを「学校」や「勉強」を通しても、私たちは子ども時代に学ぶのだなぁ~とこの年になるとつくづく感じます。

私は学校嫌いな生徒でした。年間通算で1か月近く体調不良で欠席する子どもで…学校に行かなければならないことを大変苦痛に思っていた時期もあります。それでも、母が12歳の私とひざを突き合わせて語った言葉は、私の長い学生生活だけではなく、今の仕事を続けるうえで、私の行動の指針となり、私はそれを心から感謝しています。

子育ても、私が携わる「教える」という仕事も、すぐに結果がでるわけではない―でも、結果は見えなくても「今言っておくこと」が大切なのだと私は思います。それは、自分の経験からもわかることです。「言われている」か「言われたことがない」かは、子どもたちのその後の人生に大きな影響を与えるのです。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2014-04-22 13:54 | その他の記事

お知らせ!!! (てらこや新聞105号より)

056.gif≪おしらせ≫056.gif

★ 年末年始のお休みは12月28日(土)~1月5日(日)です。(通年、日曜日・月曜日はお休みを頂いています。)

2014年は1月6日(月)に振替授業 があり、1月7日(火)から通常授業 が始まります。

★ 12月28日(土)060.gif 寺子屋大掃除&忘年会067.gifをします。
手伝ってあげよう!!!」という皆さんの参加をお待ちしています。当日は大掃除後に、ピザ&ケーキが出ます♪

参加しようという寺子屋生、卒業生&寺子屋関係者の方は、事前に講師にお知らせください。
(申し訳ありませんが、参加は、もちろん、寺子屋関係者及びその友人に限ります!(*^_^*))

★ 次回のてらこや新聞 新春特大号は、1月20日ごろ発行の予定です。
[PR]
by terakoya21 | 2013-12-26 16:58 | その他の記事

てらこや新聞105号 完成!

It's Finally Done!!

てらこや新聞105号 完成です(^_^;)
15日発行のはずだったのですが…
その後ハプニングがあり、もう一度編集し直し今日発行となりました。

これから送付作業…
到着が年明け…になることもありますが、ご了承ください。(^_^;)

c0115560_18522996.jpg


いつもの連載に加えて…

久々の「しろこく's page …the power of Japanese …」

が入っています\(^o^)/

お楽しみに!!!

1月開講体験講座は…

…カテゴリ 開講クラス紹介 をご覧ください。

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2013-12-19 19:22 | その他の記事

~ Lobby Library ~(てらこや新聞103号より)+α

Lobby Library…

なんて名前を付けて、あるのかないのかわからない「テーマ」を付けて
ロビーに本を並べていますが…今回は、これとこれとこれと…と
谷さんと打ち合わせしたのにもかかわらず、小学生の女の子に…

「先生、あの新聞に載っていた本はどこ?」

と言われるまでよけておいた本を出すのをすっかり忘れていましたが…
そのあと毎回のように彼女は借りていってくれています。(*^_^*)

そして、日曜日、今回のジャンルに入る本を読み終えました。
…先日、駅前の新しい本屋さん「小濱書店」さんで買ったものです。

c0115560_1942646.jpg


できれば映画も見て、書評を「てらこや新聞」で紹介したいと思っています。
…なので、12月号か1月号の書評となりそうですが…
とても心にしみるお話でした。

さて、今月のロビーライブラリーは…↓のようなものです。(*^_^*)

今回のテーマは「ライトノベル」です。ライトノベルとは、英単語のlight(=軽い)とnovel(=小説)を組み合わせた和製英語で近年人気の高まっている小説ジャンルの一つです。まだ決まった定義はないようですが、寺子屋では「若者向け」「読みやすい」「実写化されている」という点から選んだ作品を紹介します。この機会にぜひ手にとってみてください。

東野圭吾
(講談社文庫)「卒業」「眠りの森」「どちらかが彼女を殺した」「悪意」「私が彼を殺した」
「嘘をもうひとつだけ」「赤い指」「新参者」

(文春文庫)「探偵ガリレオ」「予知夢」「ガリレオの苦悩」「容疑者Xの献身」「聖女の救済」
「真夏の方程式」

(幻冬舎文庫)「プラチナデータ」

はやみねかおる
(講談社文庫)「都会(まち)のトム&ソーヤ(1)」「都会のトム&ソーヤ(2)乱!RUN!ラン!」
「都会のトム&ソーヤ(3)いつになったら作戦(ミッション)終了?」

三浦しをん
(文春文庫)「まほろ駅前多田便利軒」「まほろ駅前番外地」
(徳間文庫)「神去なあなあ日常」

梨木香歩(新潮文庫)「西の魔女が死んだ」「裏庭」

有川浩(角川文庫)「県庁おもてなし課」

万城目学(角川文庫)「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

越谷オサム(新潮文庫)「陽だまりの彼女」

中村航(角川文庫)「あのとき始まったことのすべて」

寺子屋生、寺子屋生ご家族には貸し出しも行っております。借り方は、講師たちにお聞き下さい!

かめい
[PR]
by terakoya21 | 2013-11-12 07:15 | その他の記事

Lobby Library ~To your heart content 満足ゆくまで~(てらこや新聞100号より)

今回のテーマは「課題図書」です。

子どもたちの夏休みが始まりました。夏休みの宿題といえば「読書感想文」でしょうか。

本年度の「青少年読書感想文全国コンクール 課題図書」の一部をロビーに出しています。昨年までの本もありますので、「読書の夏?!?! 夏の読書?!?!」のコーナーとあわせて、ぜひ感想文の本選びの参考にしてください。
2013年 読書感想文コンクール 課題図書(寺子屋のロビーにあるもの)

小学校低学年:
なみだひっこんでろ(岩崎書店)
わたしのいちばんあのこの1ばん(ポプラ社)

小学校中学年:
くりぃむパン(くもん出版)
ジャコのお菓子な学校(文研出版)

小学校高学年:
オムレツ屋へようこそ!(国土社)
はるかなるアフガニスタン(講談社)

中学校:
チャーシューの月(小峰書店)
フェリックスとゼルダ(あすなろ書房)

高校:
ジョン万次郎海を渡ったサムライ魂(集英社)

寺子屋生、寺子屋生ご家族には貸し出しも行っております。
借り方は、講師たちにお聞き下さい!    かめい
[PR]
by terakoya21 | 2013-08-02 15:12 | その他の記事

お知らせ!

Local Hero - Motoori Norinaga:

松坂の一夜 250年記念 「宣長の世界」を

寺子屋ロビーに置きました。\(^o^)/ご自由にお取りください。

また、以前から「宣長って どんな人?」という冊子もロビーに置かれています。

どうぞ、お手にとってご覧下さい。m(__)m

そして、農家の方から「ひまわり」のタネをいただきました。
ほしい人は声をかけて下さい。(*^_^*)

c0115560_15372952.jpg


本日から…本格的に夏期講習が始まっています。(*^_^*)
にぎやかなのは、いいことだ!と思える時間となっています。
056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

053.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験も、ご相談下さい!066.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2013-07-23 16:00 | その他の記事

Lobby Library (てらこや新聞99号より)

このコーナーでは、寺子屋かめいの蔵書からテーマや作家にあわせ、ロビーに出ている本を紹介します。

テーマは引き続き「学習」です。

今回は、鈴鹿市内で白子国語教室を開かれている川戸恵子さんより送っていただいた、『鈴鹿人ずかん あいえちゃん』を紹介します。『あいえちゃん』は、2011年2月より鈴鹿地域のお店で限定配布されているフリーペーパーです。かわいらしい表紙をめくると、なかには鈴鹿人(=鈴鹿出身や鈴鹿在住の人)による投稿作品や記事が全面カラーで掲載されています。

「家庭でできる国語力練習」のコーナーでは、読む力、書く力、話す力、考える力を鍛えるための課題が掲載されています。どれも身近な題材を扱っていますし、実例や解説も添えられていて、気軽に取り組めそうなものばかりです。

送っていただいたバックナンバーは、寺子屋ロビーに置いて ありますので、ぜひ手にとってみてください。三重県立図書館 (津市)の地域資料コーナーでも閲覧できるそうです。

整理進行中の「まんが部屋」は、授業の間、送迎待ちの時間などに利用可能です。送迎で車の中でいつもお待ちいただいているお父様、お母様もよろしければ、ロビー、もしくはまんが部屋で、お待ち下さい。

寺子屋生、寺子屋生ご家族には貸し出しも行っております。借り方は、講師たちにお聞き下さい!

c0115560_073553.jpg


かめい
[PR]
by terakoya21 | 2013-07-11 00:08 | その他の記事

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧