カテゴリ:寺子屋こぼれ話( 15 )

寺子屋こぼれ話(^_^;)

Have a nice Sunday, everyone!

さて、長い1週間が終わりました。
久々に連休がいただける私ですが…
14日は、寺子屋卒業生の女子会(?)のランチがある以外取り立てて予定はありません。

少し休みたいと思っていますが…
母が来週、キャラバン隊…なるもので、松阪のPRに…
東京に行くので、その準備に付き合うことになるのでしょうか?!?!?

さて、今日は、入塾の面談がありました。

我が母校の生徒です。
自ら、もう少し英語をしっかりしてみたい!との意気込みが出てきたので…
とお母様がおっしゃっていましたが…
来週からの授業で会えるのを楽しみにしたいと思います。

さて、今日の私の授業は、1つのクラスを除いて我が母校尽くし…
谷さんの授業も1つの授業を除いて「私立中学・高校生」づくし

久々のこぼれ話は…私の高校1・2年生のクラスでの話題…

リーディングに「Karl Benz(カール・ベンツ)」と「Henry Ford(ヘンリー・フォード)」が出てきました。

話題は「道路」…

「自動車」の出現が「道路」の在り方も変えた…というようなお話です。

私が、「BenzもFordも、みなさん、知っていますね?」と聞いてみると…

「いえ…」と首を振る高校生たち…

「え、『べ・ン・ツ』だよ、『フォー・ド」だよ!」とゆっくり言ってみると…

「あ、ベンツ…車の」

…(-_-;)…そうそう、話題は、どうろ・そして、じどうしゃ!!!!

というわけで、話の流れから、日本の自動車メーカーの名前を挙げてもらうとビックリ…

「ホンダ・スズキ・トヨタ」

のあとが出てこない…

しばらくして、「ミツビシ」・・・

…我が家は長年「三菱」を愛用しているけれど…

私たちのヒントや話題はどちらかというとゴーンさんの会社の方に向かっていて…

え?そっち??という感じ…(^_^;)

そして、頭文字を聞かれて「N」と答えてようやく出てきた

「日産」・・・

自習に来ていた中学3年生に助けを借りて「スバル」
そして、ヒントをいっぱい言って「ダイハツ」

…最後に残った・・・「デミオ」などを生産する会社…
「広島カープのオーナーだった…なんてわからないよねぇ~(>_<)」

Mで始まる名前です…などヒントを出しながら、谷さんが気が付いた…

「え、あなたのおうちの車はそこの会社製だと思う」

…(-_-;)「え、Mで始まるんですか・・・?」

「あ、ム・ラ・タですか?」

「む・ら・た(@_@;)?」


…「ムラタ」っていう焼肉屋さんなら知っている気がする…(-_-;)

「ま、ムラタだったら、Mだねぇ~(-_-;)でも、そんな自動車の会社は知らないなぁ~…」

「え、じゃあ、マツビシ?」

…いや、それは百貨店だ…(T_T)

結局最後の最後に、地味に出てきた「マツダ」さん…

それにしても、日産も出てこないし、自分ちの車の名前もわからない…
もう少し、いろいろなことに興味を持って、周りを見回してほしいものです。

日本を代表する車の会社…

英語には一見関係のない話に思われるかもしれませんが…
おそらく外国人との話の中で、外国の人は、自分の国のことはよく知っていて、
その基準を相手にも当然のこととして考えています。

別に、詳しく車の性能に興味を持てというわけでも、なんでも知っていなければならないというわけでもありません。

ただ、周囲に転がる言葉や名前に、もう少し興味を持ってほしいと願うだけです。(*^_^*)
そのために、おうちの方との会話も大切にしてほしいと思います。

アメリカの車の会社が全く分からないという彼女たち…
ヘンリー・フォードは歴史や英語の教科書によく出てくるし…
他の会社もトヨタがバッシングされているときにはしきりとニュースにもなったり…
破産法が適応されたりというニュースも結構大きかったような…
ニュースも見て、少し大人とも会話をしてほしいなぁ~と思います。

c0115560_20482041.jpg


庭に咲く藍の花です。藍って、こんな花を咲かせるんです。

056.gif 寺子屋かめいは「総合英語塾」です。小学生1年生~高校3年生まで、そして、社会人の方までが楽しく英語を学んでいます!

040.gif苦手な生徒も、得意な学生さんも、英語のことならご相談下さいませ040.gif(*^_^*)

063.gifセントヨゼフ女子学園中学校受験応援講座もあります!063.gif

tel 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp
お電話でのお問い合わせは火曜日~土曜日14時~22時にお願い致します。

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2013-10-12 20:59 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋・・・ちょっと真面目なこぼれ話 (てらこや新聞72号 亀井先生のコーナーより)

~ 大地震と友情を考える ~

先日、谷さんとの休憩時間の会話の中で「親友って何だろう」という話になりました。

私は、「親友はいますか」という質問を受ければ・・・おそらく「はい」と答えます。そして、そのときに思い浮かべる人が2人います。

それはどんな人かと言えば・・・どちらもしょっちゅう会ったり、何でも話せるという人ではないけれど・・・1人は、会えば時間を忘れ、寝るのも忘れて語り合える人で、もう1人は、どんないやなことがあっても、どんなに愚痴を言いたい気分のときでも、会えば笑顔になり、言いたかったことを忘れてしまうような人です。

谷さんと話していたのは・・・最近、生徒たちの話や、世の中の話題でとり上げられていた「親友」の定義や意義(?)についてです。「親友」とは、「何でも話せる人」だったり「しょっちゅう会っている人」なのか。そして、「親友はいなければいけないのか」。という話になっていきました。なんだか、世の中何かについて「斯くあるべき」というような話が一人歩きしているように思います。そして、人々が勝手に苦しんでいるような…気がしています。

今回「てらこや新聞」発行目前にして、大きな地震が関東、東北地方でありました。今でも津波による漁業への被害は若干ありますが、不気味なほど松阪は平穏無事でした。が、テレビで、地震の被害の凄まじさを見て、私自身もその悲惨さに驚いていた頃、私のfacebookには数名から、「ニュースを見た。君は大丈夫か?」というようなメッセージが書き込まれ始めました。…岩手の友人や福島の友人の実家、東京にいる友人たちの心配はしていたものの…自分が心配の対象にあがるなど…予想もしていなかった私は・・・慌てて返信をしました。「震源は北だとあるから、大丈夫だとは思うけれど…」とニューヨーク在住のアメリカ人、「朝起きてびっくり」とボストン在住のトルコ人、「自然には逆らえないけれど…」とテキサスの大親友…などなど…メールや掲示板への書き込みで、何人かの友人が、安否を聞いていました。

「私は、日本の本州の真ん中に住んでいて、地震は北日本、東日本であったので、家族も私も無事です。友人数人と連絡がとれていませんが、東京にいる兄も無事です。今回の地震は深刻なようです。今晩帰宅できない人や恐怖で震える人々のために祈って下さい。」と自らの掲示板に書くと・・タイやアメリカから「いいね!」との返事…。文明の利器や報道のあり方に、少々辟易することもあるものの・・・人々の心の温かさを感じ、沈んでいた心が少し動き始めました。

友情とは何か…答えは一つではない、難しい質問かもしれません。しかし、今年40歳を迎える私は、これまでの経験から、「友情」でも「愛情」でも、まずは、相手に求めるものではなくて、まずは自分が与えるものだと思います。 そして、与え続けていれば、気がつけばその与えたもの以上のものが自分のもとに戻ってきます。

「こんな友だちが欲しい」と望むよりも…「こんな友だちでいたい」と自分を律してみたら…自ずと望む関係が出来上がっていくのではないかと思います。そうしていると自然に、友情は育まれ、自分が必要とするときに、物理的にではなくても、心がいつもそばにいてくれる友人が、気がつけば周りにいてくれる-私にはそんな友人がたくさんいると感じます。そしてその人々を呼ぶのに「親友」はなんだか陳腐な言葉のようにも思えます。

地震で被害にあわれた方々のために毎日、祈りながら…同時にやはり私はいつも足元から、できることを一つ一つ探して、こなしていこうと決意を新たにする週末を過ごしました。

世界中から届く友情のメッセージに感謝しながら…

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2011-05-08 21:58 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞64号 竹川のコーナーより)

高3のあるクラスで使っている英語の教科書に「キング牧師」を採り上げているレッスンがあります。「I have a dream」という演説が有名なMartin Luther King Jr.ですが…

その教科書では正に「I have a dream」の演説を採り上げていて、日本語訳し始める前に、亀井先生が高3生達に「マーティン・ルーサー・キングのことは知ってるんやんなぁ…?」と尋ねたところ、「知らん」という答えが返ってきて…びっくり。

「何人(なにじん)かは知ってるんやんなぁ?」と聞いても「さぁ…」との返答。

同じ教室で勉強していた違う高3生は、違う教科書でキング牧師の話を勉強したことがあったので、彼女に「○○ちゃんは、何人(なにじん)か知ってるよなぁ?」とふってみたら…彼女の即答は…

黒人です。」

私達講師が聞いたのは「どこの国の人か」という意味だったので、彼女の意表をついた即答に爆笑してしまいました。あながち間違いではないし…と。

その後、「じゃ、ヘレン・ケラーは知っているのか?」「マルコムXは?」「ネルソン・マンデラは?」と質問攻め…。

思わしい答えが返ってこなかったので、「じゃ、調べてこようか」という話になりましたが…。

映画では、歴史上の人物や有名な世界の場所を採り上げているものが数多くあります。「歴史」として勉強 すると意気込まなくても、読書や映画などの娯楽の中に、世界を知るきっかけがたくさんちりばめられています。楽しみながら知識も増やせる一石二鳥の方法だと思うのですが…。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-09-03 14:19 | 寺子屋こぼれ話

ついに開幕しますね

サッカーW杯、南アで11日開幕 アフリカ大陸で初開催

サッカー - エキサイトニュース

私が授業を受け持つあるクラスの女の子たち・・・

何年か前に、英語の教材のリードで野球を取り上げるものがあり、
ほとんど野球のルールを知らなかった彼女たち、
「私たち、野球よりサッカーのほうが知っています!」と豪語。

じゃ、「PKって何の略?」と聞いたら、
「ポイントキックか・・・」なんて言っていたのですが・・・

先日、彼女たちが内田選手のファンだということを知りました。

この寺子屋の講師陣の中では、きっと1番のサッカーファンの私ですが、
全くそんなことは知らず、
先週から、彼女たちとは、W杯の話をすることがあります。

今日も、体育祭で疲れている彼女たち、
ちょっと休憩にと、W杯の話をふったら・・・

「やっぱり、うっちーは出られないと思います・・・007.gif
とのこと。

あまりに悲しそうだったので、
「今回が先発で出られなくても、まだ内田は若い!4年後もまだ代表で出られるさ!」と
一応励ましになったようですが・・・

私は好きになる選手は、どうもDFが多いのですが、
今回はお気に入りのイタリアの選手はもう代表ではないので、
思い入れのある選手が今のところいなくて・・・
ただサッカーは好きなので、
見られる試合は楽しみたいと思っています。


ちなみに、
日本代表では、私のお気に入りは楢崎選手。
「彼の顔がすごく好き!
外国人選手は濃い顔の選手が好きだけど、
日本の選手の中では、楢崎選手の顔は私の好きな顔!
私は『動』より『静』の方が好きなタイプ。」と
さきほどの彼女たちに話したら・・・
え~!!!!!」と
かなり不服そうな反応でした・・・042.gif

好みは人それぞれですから・・・(~_~;)


日本代表にはいい試合を期待、
また、
各国の選手にもフェアプレーと素晴らしい試合を期待しています。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-06-10 22:00 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞58号 竹川のコーナーより)

久々にお届けするコーナーです(-_-;)

12月誕生日を迎えた高3の男子生徒がいます。誕生日プレゼントに亀井先生からボン・ジョヴィの最新アルバムを貰い、「おぉ!! ボン・ジョヴィや!!」と喜びの声をあげました。

私たち講師陣は「ボン・ジョヴィ知ってるんや~」と驚きを示したのですが、それに対し彼は「高校生ならみんな“ボン・ジョヴィ”ぐらい知ってる」と言ったのです。

本当かどうか確認してみたくなった私は、私が受け持つ高2クラスの男子生徒2人に聞いてみました。
「ちょっと聞きたいんやけど…“ボン・ジョヴィ”って知ってる?」

そうしたところ、1人の生徒は頷きつつ「知ってる。」との答え。

もう1人は…「ぼんじょび…食べ物ですか?」

「・・・たべもの・・・??? (゜.゜)」と私…。

その話を早速講師陣に報告したところ、谷先生が即座に答えました。
「“ボンゴレ”と勘違いでしょうか??・・・それに “アンチョビ”が混ざったとか・・・」

亀井先生も私も、即座の谷先生のその返しに大爆笑でした(~_~;)。

そんな切り返し(?) 発想、思いつきません(^_^;)。今回は、寺子屋生語録というよりも、谷先生の即座の機転に軍配が上がった感がありました。


さて、「寺子屋こぼれ話」から少し脱線しますが、私にとって“ボン・ジョヴィ”は高校時代を思い出す懐かしいロックグループです。ドラマティックな音楽展開に、信念のある歌詞がかみ合った曲は、ロックもバラードもどちらも心に訴えかけるものがあります。

なぜ私にとって懐かしいか…と言えば、高校時代、ある友人が彼らの大ファンで、何がきっかけだったのかは覚えていませんが、いつからか「ボン・ジョヴィは本当に素敵なの!! 聞いてみて~!! 見てみて~!!」と、彼らの曲のプロモーションビデオを何度も見せられた経験があるからです。高校時代、特に海外のアーティストのことなどほとんど知らなかった私にとって、躍動感あるステージ、ストーリー性のあるプロモーションビデオの映像、そして、ぴちぴちのジーパンをはいた彼らの姿に目が釘付けになりました。“ボン・ジョヴィ”というグループ名がボーカルの「ジョン・ボン・ジョヴィ」からとられていることも、ジョンの出身地がニュージャージーというアメリカの州だということも、熱烈なファンだった彼女から知りました。その当時聞き慣れなかった「ニュージャージー」という場所はどんな所なんだろうと興味をひかれたことも懐かしい思い出です。今でも「ボン・ジョヴィ」という名を聞くと、高校時代のその友人のことを思い出します。

“I’LL BE THERE FOR YOU” “WANTED DEAD OR ALIVE” “NEVER SAY GOODBYE” “BAD MEDICINE” “YOU GIVE LOVE A BAD NAME” “LAY YOUR HANDS ON ME”・・・どれも懐かしいけれど、時がたっても色褪せない曲たちばかり。

私も最新アルバム、欲しくなってきました。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2010-02-26 15:20 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞48号より)

久々にお届けするコーナーです(^_^;)。

2月下旬、寺子屋の中学生と高校生のクラスは、最後の試験・学年末テストに向けて、テスト対策をする授業になりました。

高校生のクラスで、試験内容がかなり盛りだくさんの学年があり、私がお休みの日の午後、たくさんあるプリントを少しでも減らそうと勉強に来た女の子がいました。

後日、その解答の答え合わせをしていて、目がテンになった解答が・・・

Ms. Young will ask you whether you’re going to study abroad or not.”という英文を日本語に訳すという問題の彼女の解答を見て、びっくり!!

彼女の答えは・・・「苦い女性が、あなたが海外で勉強するつもりかどうか、あなたに尋ねるでしょう。」となっていました。。。

きっと「若い女性」と書きたかったのでしょうけれど、漢字の間違いで、全くわけの分からない状態の女性になってしまいました・・・(><)

けれど・・・「若い女性」でも答えは×です。Youngの最初の文字が大文字になっているので、これは人名・・・中1の始めに習うことですね・・・。

それにしても、漢字一文字違うだけで運ばれるイメージが全く異なるなんて、漢字の威力を思い知らされました(?!)

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-04-18 20:41 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞41号 竹川のコーナーより)

久々に登場のこのコーナー!生徒達の面白おかしい「寺子屋生語録」は、日々ブログ版「てらこや新聞」(http://terakoyaa.exblog.jp)にも更新しています。

中2の英語では「いろいろな文型」を学びます。英語には5つの文の形があります。「各組の文がほぼ同じ内容になるように、(  )に適する語を書きなさい」という問題があり、次の問題で 生徒達は苦心していました。
I heard the news and got happy.(私はそのニュースを聞き嬉しくなった。)という文をThe news (     ) (     ) happy.に書き換えるという問題です。「そのニュースは私を幸せにした。」という文に書き換えるのですが、初めて5文型という文の形を習った生徒達は、解きあぐねていました。

それで、「この文は5文型で、『~にする』という意味の動詞makeを使って」とヒントを出したら 「そっかぁ」と納得した様子。それをそのまま答えに書こうとした生徒がいたので、私は注意しました。
時制(じせい)考えて…」

すると彼は即座に言い直したのです…「えっ、人生(じんせい)?」

「人生ももちろん考えなくてはいけないけれど、今は“いつの話か”を考えて…」と言いましたが、思わず笑ってしまいました。ちなみに答えはmade meです。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2008-09-23 18:49 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞31号 竹川のコーナーより)

今回は中1の授業でのこと。

“Tom’s father is very kind.”という文章を日本語訳するという問題がありました。

ある生徒の答えは…
「トムのお父さんはとてもしんせんです。」でした・・・。

お父さんが新鮮…。どういうことでしょうか?

本当は「とてもしんせつです。」が答えです。
一文字違うだけで全く 違う意味になってしまいますね。

今回の一番の解決法…それは「漢字を使おう」。
書けるものは漢字で書きましょう!!

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2007-11-11 20:13 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞30号より)

今回も前回に引き続き、寺子屋の中学3年生の授業でのひとコマ。

中学校で使っている教科書を使ってのクラスでは、教科書の本文をノートに写し、単語を調べ、日本語訳を書いていきます。

来たる定期テストのために、テスト範囲のプリントをしていた日のことです。その範囲は、寺子屋での授業では結構前に勉強した所だったので、単語等忘れてしまっている生徒もいます。復習のため確認しながらでもプリントを進めてもらおうと思い、「自分のノートでそのレッスンの範囲の所を開けて確認して!」と言ったところ、ある生徒がノートのページをめくりながら言ったのです。

「あっ。この範囲の部分が、かろうじて、ない。

その範囲は別のノートに書いてあったらしく彼はそう言ったのですが…。

「かろうじて」という表現は「どうにか」という意味で「かろうじて電車に間に合った」などという場合に使う言葉です。意味と使い方をしっかり覚えてほしいなぁと思います。。。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2007-10-15 11:55 | 寺子屋こぼれ話

Tea Time 寺子屋こぼれ話 (てらこや新聞29号 竹川のコーナーより)

寺子屋には勉強をしに来ているのですから、筆記用具を持ってくるのは当然なのですが、持ってくるのを忘れる生徒達が多くいます。その中でも持ち忘れの多いものが「消しゴム」です。

さて、先日の中学3年生の授業でのことです。
一人の生徒が筆箱の中を覗いて
「あっ!消しゴムがない…」と言ったので、
またか…と思いながらも消しゴムを貸したのですが。。。 その直後に、もう一人の生徒も筆箱の中を覗き込み、がさごそと中身を漁って言ったのです。
「あっ!紙一重の差で、あった。」

「紙一重の差で消しゴムがある」・・・この使い方はおかしいと指摘したところ、彼は恥ずかしそうに「だって、使いたかったんやもん」と言いました(笑)。

実際は、「紙一重」というのは紙一枚ほどのわずかな違いしかないことを表す表現ですね。いろいろな言葉の意味を知って、語彙力を増やしてほしいと思います。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2007-09-13 18:56 | 寺子屋こぼれ話

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧