カテゴリ:寺子屋生語録( 19 )

てらこや日誌

When I Was A Boy...

今日の谷さんの中学3年生のクラスで

…私の母校の後輩だということは内緒にしておきますが・・・(;一_一)

下線部はそのままにして、間違いを正しなさい。という問題で次の文章がありました。

When I was a boy, I have lived in China.

…この問題を見た…女の子・・・

「この問題、おかしくないですか?」と質問をしました。

…質問の意図がわからない、講師…「何が?」と聞くと

「だって、『私が男の子だったとき』…って・・・・」

・・・・・

なんと、彼女は、この「I」は今は「男性」ではないのかと思ったらしい…(-_-;)


横で、聞いていた男の子も、講師も爆笑し…

「私が少年だった頃…は、子どもの頃って意味です…(+o+)」というと

「あぁ、そういう意味か…」

って…(;一_一)

さっき報告を聞いた私は…即この報告を書き始めてしまいましたが…

その想像力…たくましいというのか、なんなのか…

中学3年生…そろそろ英語の表現にも慣れてほしいなぁ~と思います(^_^;)

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2012-09-15 21:55 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

It is all because of adolescence (puberty?)!!!

昨日の中学1年生の授業…

今年の中学1年生は、人数が多いので、2クラスに分かれていて、火曜日と水曜日の7:00~8:00、木曜日と金曜日の7:00~8:00に同じ内容の授業を行い、火・水から1日、木・金から1日選んで来てもらっています。今週は、木曜日に、まだテスト期間だった生徒や、すでに英語のテストが終わっていたので欠席した生徒もいたために、復習課題をしたので…金曜日もそれぞれに復習の課題を与えていました。

…昨日の午前中、テストの全日程が終わって、クラブ活動を久々にし、疲れ切った様子で「もう、勉強したくない」モードの少年が・・・

私の目の前の席で、消しゴムのカスを丸めたものに、シャーペンの芯をさし、額のど真ん中において…「う~」なんてやっていました。(^_^;)

私が、「ちょっと、遊んでないで、ちゃんとするべきことをして」と言うと・・・

「これ学校で授業中しとったら、先生にはめっちゃ怒られた」

・・・「めっちゃ怒られたのに、まだここでも、もう一回するの?」って聞くと

ニタァからと笑いながら…

しゃぁないって、先生、俺、今、青春期やから

だって…(;一_一)

私は…テスト前の必死さと昨日の腑抜けのような状態の両方を見ているので…まぁ、気持ちはわからないでもないし、今日ぐらいまぁという気もあったので、笑いながら・・・

…「青春期」なら何でも許されると思ったら、大間違い!!!

そして、そうやって、テスト終わってからしばらくだらけてしまうから、またテスト前に大変な思いをするんだよ、君!!!!

と伝えましたが…

「青春期」しっかり、するべきこともして、楽しんでほしいものです。(*^_^*)

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2012-09-15 10:49 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

主語はあるけれど・・・

高校や中学の一部は、
来週定期試験の期間を迎えます。

今週は、そのテスト勉強の週間になっている寺子屋です。

昨日は、体の調子が悪かった亀井先生は授業を振り替えて早退。
そのため、
6時半以降にやってきた生徒たちのほとんどが、
亀井先生の姿を探して、見つけられないという状態になりました。

最後の授業、高校2年生の授業も一人欠席が出たため、
授業ではなくテスト勉強の時間となりましたが、
授業時間も過ぎ、帰る時間になってから、
ある生徒がぼそりと聞いてきました。

「先生、風邪ですか?」

ここ数週間、私は、予防のためにマスクを着用しながら授業をしています。
高専生のアシスタントには、何度か「風邪ですか」と聞かれてはいたけれど、
生徒たちからはほとんど聞かれていなかった質問だったので、
「なんで、今さら聞く???」と少々訝りながらも、
「・・・わたし?」と返すと・・・

「あ・・・、亀井先生です。亀井先生は風邪ですか?」

・・・先生って亀井先生のことだったのね・・・(-_-;)
と思いつつも、
事情を話しました。

いつも見る顔がない・・・というのは、(一部の)生徒たちにとっては、
かなりの大事らしい・・・と思える会話でした(^_^;)


今日はまた、一段と暖かく、過ごしやすくて良いのですが、
寒かったと思ったら、この暖かさ。
この暖かさに気を許していたら、寒さに体を合わせるのが大変。

皆さんも、体調管理には気を付けてくださいね!

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-11-26 15:25 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

大人の味

寺子屋での講師陣の楽しみのひとつ・・・
それは、毎日亀井先生のお父様が淹れてくださるコーヒーです063.gif

今日は週初めの掃除を終えてから、
いつものように亀井先生のお父様がコーヒーを持ってきてくれました。

ちょうどその時、2時から授業の高3生が二人いたので、
彼らのために、再び亀井先生のお父様がコーヒーを作ってきてくれて、
彼らも亀井先生のお父様が淹れてくださるコーヒーのご相伴にあずかりました。

そのうち一人の生徒は、何度か亀井先生のお父様のコーヒーを飲んでいますが、
もう一人は今日が初めて(?)で、
「コーヒーはどうですか?」と聞かれ
「い、いただきますっ!」との返事。
コーヒーが少々苦手な様子がうかがえました。

けれど、その生徒、クリームも砂糖も使わずブラックで飲んでいました。

せっかく淹れてくださったコーヒーなので、
コーヒーを片手に授業を進めたのですが、
途中で私がコーヒーを口にした後、思わず「美味しい」と言ったら、
「美味しいんですか?」と聞いてきました。

この苦みが美味しい
と伝えると、
苦いのが美味しいのか・・・と考え込んでしまった様子。


それで、振り返ってみると・・・
私は大学生になるまでは、ちゃんとコーヒーを飲んだことはほとんどなかったということです。
コーヒー牛乳とか、缶コーヒーなどを口にすることはあっても、
インスタントだろうがドリップだろうが、
ちゃんとコーヒーというものを飲むことはなかったのです。
カフェインが強いから・・・という理由なのか何かはわからないけれど、
親に勧められたことはありませんでした。
牛乳か紅茶だったかな・・・と思いだし、
考えてみれば、大学時代も一人暮らしの間、
紅茶はティーパックなどを買ってあったけれど、
コーヒーの買い置きはなかったような気がする・・・(あんまりよく覚えていないけれど)

そんな話をし、
コーヒーをちゃんと飲んだのはたぶん社会人になってからだな・・・と
そして、いつの間に、最初は「苦い」コーヒーが「美味しい」コーヒーに変わったのだろう・・・と
少々感慨深く思えました。

亀井先生のお父様が淹れてくださるコーヒーは、
温かくても、冷めてしまっても美味しいと思う・・・
いろんな種類のコーヒー豆があることも大人になってから知ったんだな・・・と思い、
その生徒の反応などを見て、
コーヒーって私にとっても「大人の味」だったと思ったりしたひと時でした。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-07-28 22:35 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

かわいい一言

昨日の小学生の補習授業後のこと・・・。

兄弟で補習を受けているのですが、
お兄ちゃんの方は早くに終わったので、
「ロビーで静かに待っててね。」と釘を刺され補習を終えました。

弟くんのほうはまだ補習が終わらず谷先生が見てくれていたのですが、
ちょうど6時半から私のほかの授業が始まる予定で、
そのクラスの生徒たちがやってきて教室に入っていったので、
そのクラスの授業をしようと、私は職員室に教科書をとりに
上の教室から階段を下りました。

教科書の準備をしていたら、
待ち構えていたらしきお兄ちゃんが、
職員室のドア越しに満面の笑みで話しかけてきました。

「せんせい、遊ぼうかぁ」
003.gif

その表情がとても可愛らしくて、
一人で待っているのも寂しいんだろう・・・と思い、
遊んであげたい気持ちになりましたが、
「ごめん~。遊べやんわ・・・」と言うと、
「なんで?」

「今から授業なんさ~」と返すと
「そっかぁ。じゃあ、あかんなぁ」と
また一人で、ロビーにおいてあるパズルをいじり始めていました。

「遊ぼうかぁ」と
大人に誘いかける子どもの表情・・・とても可愛らしくて、ほほえましい気持ちになりました012.gif

そして同時に・・・
先日の亀井先生の書き込みの、
土曜日の小学生授業にアシスタントとして参加し始めた大学生の男の子を
「先生」ではなく「遊び相手」と思っていたらしい・・・という話題を思い出し、
小学生の彼には、
私もその大学生と大して変わらない相手なんだな・・・と思いました(^_^;)

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-04-24 16:50 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

久々に・・・

昨日、私は夕方からの出勤でした。
出勤前から少し雨が降り始め、
出勤するころには結構本格的に降ってきました。

寺子屋に向かう道で、
傘もささず、雨合羽も身につけていない自転車に乗った二人の少年がいて・・・
すぐにもうすぐ授業の寺子屋生だとわかりました。

あっという間に車の私が彼らを抜いて、駐車場に車を停めた後
彼らがやってきました。

自転車で通ってくる彼ら・・・
数週間前まで、自転車置き場に自転車をとめるとき、
門扉寄りの場所に、
大胆にも(?)斜め止めしていて、
亀井先生のお父様がその自転車を彼らの授業中に
まっすぐ置き直してくださっていました。

数週間前に、自転車置き場にいつも1台
亀井先生のお父様の自転車がまっすぐ止められていますが、
その自転車の横に、きちんとまっすぐ止めるようにと
彼らは亀井先生から諭されました。
彼らがやってくる曜日は、
彼らの後に自転車で通学してくる生徒たちが多くて、
彼らの停める場所が限られるから・・・と
理由もちゃんと説明して、
「自転車置き場にある自転車に平行に停めること」と
言われました。

昨日・・・
私が車から降りた時に、彼らは自転車置き場にちょうどやってきて、
言っていたのです

「へいこう、へいこう・・・」

最初はその「へいこう」という言葉の漢字が、すぐに思いつかなくて、
何を言っているのかしら・・・?と思ったのですが、
そう言いながら、停まっている自転車に「平行」に
彼らの自転車を停める姿を見て
「おお!!」と
妙に感動してしまいました017.gif

ちゃんと言われたように実行できる・・・
そのことに感動し、
彼らが言っていた「へいこう」という言い方も可愛らしくて、
思わず微笑んでしまいました001.gif


さて・・・

昨日の私の中学生の授業で
問題集の問題を解いてもらって答え合わせをしていたのですが、

Yoshio (study) for two hours yesterday evening.

という問題のカッコ内の動詞をふさわしい形にするという問題で、
studiedとすんなり答えは出てきたので、
私が、さらっと
「ヨシオは昨日の夜2時間勉強した」と訳したら・・・

一人の女の子が即座に
「すげぇ~!!」
と叫びました。。。

私が思わず食いついてしまう言葉です(~_~;)。
まず女の子が「すげぇ~」と言うのはちょっと・・・

そして、2時間勉強した=すげぇ・・・
という公式にも、そうなのか???と・・・(-_-;)。


そんな授業のあと、
高校生の授業で、
今日から2泊3日で宿泊研修=朝から晩までみっちり勉強
という理由で金曜日の授業に来られない・・・
という話を聞き・・・

先ほどの「すげぇ~」と発言した中学生が
こんな宿泊研修の話を聞いたら、
それこそ卒倒するのだろうか・・・042.gif
なんてことを思った授業になりました。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-03-26 15:47 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

「何か、おる!」 「何か、ある!」

昨日の寺子屋でのこと・・・。

昨日は夜8時の授業まで、
谷先生と私は、二つに分かれる2階の大きい教室で
それぞれふた手に分かれてそれぞれの授業をしていたのですが、
昨日は冒頭のセリフが、生徒の口から出てくる授業となりました(^_^;)。


まずは谷先生が小6の授業を、その隣で私が小4の授業をしていた時のこと。
ある小6の女の子が突然「何か、おる!!!」と、
小4の授業の私たちの席の方を、じっと見ていました。
ちなみに、この6年生と4年生の女の子たちは、姉妹です。

見つめられている私と小4の女の子は、
何のことなのかさっぱりわからず「な、なに???」
足元を見まわしてみても、
何かがいるわけでもなく、何のことかと思っていたら、
「机の脚の下に・・・何かが逃げ込んだ・・・」とのこと。

よく見てみると、
確かに小4の女の子の後ろの席の机の脚の下に、
茶色い色の2本の足が見えていて・・・
想像がついたのです・・・この足の形といい、色といい、
これは・・・
もしかして・・・
そう・・・
ゴキブリ では・・・008.gif

すぐ後ろの席だけれど、
その小4の女の子は案外けろっとしていて、
「あっほんとう!何か、いる!」と
しげしげと眺めていたりして・・・(~_~;)
まぁ、じっとしてくれている分には害はないか・・・と
そのままにしておいて、授業を進めたのですが・・・

少ししたら、
今度は叫んだ小6の女の子の方にちょろちょろと歩いて行っていました!
「あぁ~!!出てきた~」

よく見ると、
ゴキブリもどき(?) かなり小さめのゴキブリのようなもので・・・
すぐさま、
「あぁ・・・仕方ないな・・・」と
谷先生が自分のスリッパで、パン!!
かわいそうですが、ご成仏していただきました・・・042.gif


その授業の後は、
私が同じ場所で中1を、
谷先生は中3と高1の授業をしたのですが・・・。

今度は私の横に座った中1の男の子が突然、
「机の中に、何か、ある!!!」と言い、
見てみると、なんだかわからないけれど、ニット製の何かがある・・・
引っ張り出したところ、
隣の谷先生が「あ~!!!!!」

「それって、あなたのマフラーじゃないの???」と
谷先生が、中3の男の子に確認したら、
その男の子は・・・
「んん・・・そ、そう・・・かな・・・」と、かなり自信なさげ、
というより「僕のとは違う」という表情で・・・

そこから谷先生と私と彼とで、
今週その席に座った最後の生徒は誰か・・・というのを思い起こし・・・
やはり、その中3の男の子のものと判明しました(~_~;)。


昨日は、そんな可愛らしい叫び声の連続となりました(~_~;)。


みなさん、授業が終わって帰る前には、
忘れ物がないか、確認してくださいね~!!

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-02-28 16:49 | 寺子屋生語録

てらこや日誌2

これも生きた英語力?

昨日の私の高校2年生のクラス・・・
中学校時代全然勉強してこなかったけれど
大学に行きたい!という思いで
昨年寺子屋に入学してきた高校2年生、
そろそろ中学の英語の勉強が終わり、予定通り(?)高校3年生になる前に、
高校英語へと進んでいけそうな気配に・・・

生徒も私も俄然やる気の出てきた今日この頃ですが・・・

昨日は、5文型の復習をしました。

そこで、5文型を文の要素SVOCを使ってさらっと言えたので
意地悪な私は、例文を作ってと言ったところ・・・

彼が作った英文5文がとても笑えるものであったものの・・・
生き生きとしていたので紹介します。私は、言われるままに、
板書しながら、照れてしまうような文章でしたが・・・

1文型  I swim.  僕は泳ぐ。009.gif

2文型  I am cool.  僕はかっこいい。004.gif

3文型  I love myself.  僕は自分が大好きだ!015.gif

4文型  I give you my heart.  僕は君に僕の心を送る。016.gif

5文型 I call you "Honey." 僕は君を「ハニー」と呼ぶ。042.gif

・・・文型としてはきちんとなり立っていますが・・・
思わず・・・"I am cool."・・・と言われたとき
「あ、涼しいのね・・・003.gif」と突っ込み・・・

5文型まできたときには…「き、気持ち悪い・・・008.gif

と言ってしまいました。

でも・・・私は、勉強しながら、きっちり楽しむことも忘れない彼との授業が大好きです。

でもって、私なら、このつながりで行くなら、1文型は、I can fly. 3文型は、I love you. ぐらいにするけれど・・・

(Y.K)
[PR]
by terakoya21 | 2009-01-24 15:47 | 寺子屋生語録

てらこや日誌

語られる言葉とその向こう側に広がる世界?

昨日の高校英文法の時間の時のこと。
ここ1ケ月ほど『態』について勉強しているクラスです。

昨日は、「次の文を受動態に書き換えなさい」という問題を
解いてもらい、その答え合わせをしました。

どうやって書き換えたらいいか、わかりません・・・002.gifという
生徒がいて・・・
「受動態に書き換える・・・ということは、まず文章の中から
目的語を探し、それを主語に見立てて受動態を作る」と伝えたら、
それなりに(?)問題を解いていったようで、
答え合わせをすることに・・・。

その中に、次の文章を受動態に書き換えるというものがありました。
Someone must be following me.

答え合わせをする時に、目的語を確認するため、
まず能動態の文章を日本語訳してもらっていました。
それで、この問題にあたった生徒の日本語訳が・・・
「誰かが私に付き添わなくてはならない。」
でした・・・。

生きた英語を早いうちから身につけることができるように・・・と
小学校での英語教育が始まります。
私自身は、小学校での英語教育には懐疑的ですが、
生きた英語というのは、
何気ない文法の問題集の文章の中にも
いくつも垣間見られるものです。

たとえば、昨日、私立高校の入試に向けて、
以前の入試問題を解いていた谷先生が指摘したのは、
並び替えの問題の中に
「僕の両親に会って欲しいんだ。」
という文章があった、ということでした。
この文章だけを取り上げると、
思い浮かぶ情景は、きっと
「(結婚を前提に?)おつきあいしている彼女に、
『両親に会って欲しい』と
お願いしている男の人」が浮かびます(^_^;)。

なぜに高校入試の問題に
わざわざ『両親』でなければならないのか・・・
別に『友達』で良いだろう・・・という
ツッコミを入れたくなる(~_~;)のですが、
実際に『両親に会って欲しい』という英語は、
実生活で使うことがないとは言い切れないはず。
そういう意味では、
使える英語の文章、生きた英語と言えると思います。


そして、先ほどの問題に返ると・・・
その日本語訳をした女の子は、
容姿端麗、とても綺麗な女の子です。
その女の子の口から
「誰かが私に付き添わなくてはいけない」
という言葉が発せられると、
「確かにこんなに綺麗な女の子だからなぁ・・・、
一人では危ない・・・と、とれなくもないのか・・・」
と私などは思ってしまい、
思わず笑ってしまうのです(^_^;)。

それで、
「いやいや、『付き添う』って『義務』ではないから・・・」と言うと
「誰かが私に付き添われなければならない」と訳しなおし、

「いやいや、ここのfollowは『付き添う』ではなく、
『~のあとについてくる』とか『~のあとを追う』とかで
訳してみましょう」と言うと
「誰かが私のあとを追わなければならない」と訳し・・・042.gif

これまた、
「確かにこんなに綺麗な女の子だからなぁ・・・、
誰かに追われる=慕われて追いかけられる、
ということもあるのか・・・」などと
考えてしまい、やはり笑ってしまいました(~_~;)。

この文章でのmustは「~しなければならない」ではなくて・・・と
ヒントを出したら、
「あぁぁぁ・・・ 意味忘れちゃいました008.gif

「誰かが私についてきているに違いない。」
別の男の子がサラッと日本語訳してくれて、
「ほぉぉぉ~」と納得していたようです(~_~;)。

もちろん、mustには「~にちがいない」という意味があるということも
しっかり覚えてもらわなければいけませんが、
発せられる言葉と、
その言葉を発した人とのつながりで、
いろいろな背景が浮かんでくる、ということもしっかり学んでほしいな
と思います。
学校で習う英語や国語などは、科目の一つではあるけれど、
それらは、意味を運ぶ、その意味がもつ背景や世界を相手に告げる
生きた言葉だということを実感してほしいと思った授業でした(^-^)。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2009-01-24 15:06 | 寺子屋生語録

寺子屋日誌

New York

今日の中一の授業でのこと。

並べかえの問題で、次のような問題が出てきました。

「健のおじさんはニューヨークに住んでいます。」

Ken's uncle lives in New York.

彼の解答は合っていたのですが、
ふと疑問に思ったかのように質問してきました。

「せんせい、ニューヨークは100年経っても 『ニュー』 ヨークなん?」

その質問に一瞬戸惑ってしまいましたが、
newは「新しい」という意味なのに、ずっと「新しい」と呼ぶのはいかがなの???というような意味だったようです(^^;)

ニューヨークは1613年にオランダ人がマンハッタン島を原住民から購入し、
「ニューアムステルダム」と呼ばれました。
その後、イギリスに割譲され、
イングランドの古い都市だったヨークから名前をとり、
ニューヨークと呼ばれるようになったそうです。
(フリー百科事典「ウィキペディア」参照)


new=新しい という意味なのにな・・・と不思議に思ったのでしょう。

ちょっとした疑問から、様々な都市に興味を持ってくれたらいいな・・・と思います。

(K.T.)
[PR]
by terakoya21 | 2008-02-26 20:54 | 寺子屋生語録

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧