カテゴリ:新聞145-146号( 9 )

あとがき (てらこや新聞145-146号より)

「てらこや新聞」145-146号の発行です。連続する合併号で申し訳ありません。そんな中、忘れず原稿を送ってくださる連載のみなさんに感謝いたします。ありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

先日、生徒が「私、カエルと話せるの」と言い出し、いろいろと話が盛り上がりました。

ブログにも書いたのですが、私はこのような子どもたちの話を信じています。今となっては自分でも本当かどうかがわからないけれど、自分にも幼い頃同じような体験があり、このようなお話は、子どもたちが「子ども」である証拠であると安心するお話だからです。

大人から見て、もしくは、ほかの子どもから見ても、「真実」かどうかはわからないけれど、当の本人にとっては「真実」であること―それを素直に「真実」だと信じられる心があること―それが子どもが子どもであり、純粋な心を持っているという証の 1つだと私は思うのです。

一方で、そんな子どものお話を、必要以上に一笑に付すことが、大人だけではなく、子どもたちにまで増えているように思います。「現実的」なのかもしれないけれど、「夢がない」というのか、世の中の事象を全て自分が理解できる、もしくは自分がいつも正しいかのように思っている子どもや大人が増えていることを反映しているように思えてなりません。

世の中には、私たちの想像や理解の及ばないことが多くあること、子どもたちが大人になる過程で、身をもって学んでいくことを私たちは今、忘れてはいないでしょうか。

子どもが子どもである時間は短いのです。 そして、その短い時間の充実がのちのちの彼らの人生に与える影響は大きいと私は思います。

子どもたちが、子どもである時間― その間に大人たちが彼らに伝えるべきこと、与えるべきものは多く、また貴重です。

子どもたちの可能性は無限大―だけれど、その「無限」にはだんだん条件がついていき、自分の「限界」を知るようになっていきます。「無限の可能性」を本当の意味で信じ、また同時にその「限界」についてもきちんと話をしてくれる大人が周囲にいるなら、 子どもたち自身が大人になる過程でその限界があるから頑張れることに気付き、自ら可能性を広げていけると私は信じています。

そして、私自身、そのために、今、私ができることは何なのか、いつも考える大人でありたいと願っています。

伝えたいことはたくさんあるのに、言葉が 見つからず、気付いたら、一文字も打つことのできないままPCとにらめっこする日が増えています。そんな自分の状況と反比例するように、生徒数が増え、思いが伝わっていると感じさせてくれる若者が増えています。

ただ、ただ目の前にあることに、懸命に取り組むことの大切さを若者たちに教えられる日々です。これからも、苦しみながらも言葉で綴ることも続けながら、努力をしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。 (Y.K)



[PR]
by terakoya21 | 2017-08-15 08:30 | 新聞145-146号

Bonjour! (てらこや新聞145-146号 谷のコーナーより)

Checkingthe Schedule

寺子屋では2、3か月毎に、カレンダー式の予定表でお休みを通知すると同時に、学校や家庭の予定を教えてもらうようにお願いしている。その際、小学5年生以上の生徒には、お家の方に手伝ってもらいながらでもいいので自分自身で予定を書き込んでくるように声掛けしている。

長期休暇や行事などの情報は、授業内容や進行具合を決めるために欠かせない。そんな重要な情報だからこそ、生徒本人から伝えてもらうことが大切だと考えている。いつ、どこで、何があるかを知っているかどうか、それらと自分との関りを自覚しているかどうかが、学習への取り組み方に繋がっているように感じるからだ。

以前は、欠席の予定があればその都度知らせてもらったり、学校行事については、授業前後の 確認で済んでいた。中学生以上になると自転車で通塾の生徒が多数派だった頃は、またクラス単位での振替えや補習を組むことができた。しかし、だんだんと学校によって行事の開催時期が大幅にずれたり、習い事や家庭の都合でお休みの連絡をもらうことも増え、個別にスムーズな対応できるようにと、4年前か予定表を使い始めた。

提出される予定表には、習い事の稽古や試合の日などがびっしりと 書き込まれているものもあれば、同じ学校の同じ学年のはずなのにテスト日程が異なるものもあったりする。それはそれで、生徒同士の交流の材料になり、寺子屋の外での様子を知る手掛かりとなる。提出の仕方や書き方にふと成長を感じるときもあり、予定表の果たす役割は年々大きくなっている。






[PR]
by terakoya21 | 2017-08-14 08:30 | 新聞145-146号

Howdy? (てらこや新聞145-146号 竹川のコーナーより)

~ 気持ちの問題…? ~

以前にも書いたことがあるけれど、私は小学生の時、手芸部に所属していた。

幼稚園のPTA活動の一環で、6月下旬に手作りマルシェという行事がある予定で、そこで売る小物などを手作りするお手伝いを請け負った。

昔取った杵柄で、サクサクッと手作り品の作成が進むかと思いきや、なかなか重い腰が上がらず… とうとう6月になってしまい、作品の締め切りまであと少しとなってしまった。

「今日は少なくとも、布を裁つところまではしよう」と決め布を裁つと、それだけで「今日の作業はやりきった(作品の完成までの工程を考えると、ほんの少しの前進にしか過ぎないけれど…)」という感慨深さに浸ってしまい、しばらくその安心感(全く安心できるほど進めていないのに…)が居座って、なかなか次の工程に進めない。

昔はあんなに大好きだったのに、どうしてこんなに遅々として進まないのか…寄る年波に勝てないということか、細かい作業をするのが億劫でもあるのは否めない。

けれど、気分は盛り上がる…。この作業が終わったら(終わる見込みも立っていないのに…)次はこんなのを作ってみようかと手芸本をパラパラめくってみては、楽しい気分に浸っている(そんなことをしている暇があったら、早く作業をした方が良いのに…)。

先日、幼稚園の保護者の親睦を深める会というのがあって、筆ペン講座をしたのだが、友人が使っている書道の道具を久々に見たら、これまた小学校卒業まで続けていた習字を思い出し、「あぁ、書道も良いなぁ。筆ペンではなくて、ちゃんと墨汁を使う書道をもう一度してみたいなぁ」と思った。

けれど…よくよく考えてみると、きっとこれもまた、もう実家にはきっとない書道道具一式を揃えた時点で満足してしまいそうな気がする。

それは、レシピ本を見て「これなら作れそう」と思ってはみるものの、レシピ本を見ただけで作った気になっているのと、たいして変わりはない。

あっという間に時間は過ぎて、この原稿も遅れ遅れの提出になっている…。「しなければ」という気持ちと「(根拠の全くない)まだ大丈夫」という気持ちのせめぎ合いで、このところ勝者は常に後者である。

「あぁ、早く作業に取りかからねば…」と思うことが多くなってきた今日この頃…。とりあえず、まずは  小物作りをなんとか仕上げたい…(^_^;

(K.T.)



[PR]
by terakoya21 | 2017-08-13 08:30 | 新聞145-146号

Bonjour! (てらこや新聞145-146号 谷のコーナーより)

Being on Hold

優柔不断な私には「保留中」のものがたくさんある。「たくさん」の中には、目に見えるものも見えないものもある。客観的にみれば、そのせいでいつも同じようなことに悩んだり迷ったりしているし、本当に必要かどうか疑わしいものが鞄の中や部屋の一部を長らく占拠している。それらは、無意識に目を伏せて決心や仕分を先延ばしてきた結果なのかもしれない。

なかでも、他人が関係しているものは、即断即決からますます遠ざかりがちだ。先延ばしというと聞こえがあまりよくないが、様子を見ていたり、別の視点から考えていたり、言葉を選んでいたりする場合もある。……といえば、少しはましに聞こえるだろうか。そのせいで相手に迷惑や心配はかけまいと思う一方で、こうして言い訳をいくらでも思いつくあたりが自分でもやっかいだなと思う。

年始には「心身ともに健康で過ごす」と「身辺を整理する」を今年の目標に掲げた。ここ数年ずっと同じ目標を掲げ直し続けている気がする。いろいろと抱え込んだり引きずっているものに向き合って、目標達成も来年まで保留しないようにしたい。



[PR]
by terakoya21 | 2017-08-06 08:30 | 新聞145-146号

中国案内(てらこや新聞145-146号 吉田さんのコーナーより)

どこかのサイトで見た記事に、日本語と英語の2ヶ国語を話せる人に1度は日本語で、2度目は英語で同じ内容の質問をしてその答えに差が出るのかどうかを実験し、話す言語によって考え方が変わるのかどうかを検証するという様な内容のものがあった。

結果は、日本語と英語では質問に対する答えは異なっていて、話す言語によって考え方にも影響が出ている可能性があるということになった。

数年前に知り合った中国語のプロの通訳の方が自分の性格を変えたくて中国語を勉強しはじめたと言っていたのを思い出した。

私の場合は中国語を学んで性格を変えたいとまでは思った覚えはないが、今の自分ではない中国語の話せる自分になりたかったのは確かだ。語学を学ぶことによって新しい知識や文化を学べるのはもちろんのこと、新しい言語を学び話すことで新しい自分にも出会えるのかもしれない。



[PR]
by terakoya21 | 2017-07-31 08:30 | 新聞145-146号

旅日記(てらこや新聞145-146号 海住さんのコーナーより)

55

ベニス・ミラノ(イタリア)からアムステルダム(オランダ)へ

1月の阪神大震災、3月の地下鉄サリン事件が続き、日本の「安定」をぐらつかせる契機となった   1995年も晩秋を迎えている。秋の入り口のほうではチェコのユースのロビーのテレビで、ユニフォームの袖に「がんばろうkobe」のロゴを入れたイチローらオリックスの戦士たちがリーグ優勝に歓喜する姿を見た。頑張れば復活することができる。まだまだ日本は大丈夫であるとだれもが信じていた。

当時、独身で30代半ばだったわたしは、かねてよりの海外への夢を実現させるのはこの時期しかないと、読売新聞記者の「安定」と「夢」を等価交換できる余裕を保つことができていた。30歳にして夏冬それぞれに90万円ずつあったボーナスを米ドル預金にし、世界どこでもキャッシングできるようにして多額現金を持ち歩かずに、自由な旅ができた。この旅を終えたら、松阪に帰ると決め、成田を   出て3か月がたとうとしていた。

11月になっても豊熟の秋に彩られたイタリアだったが、さすがに11月も下旬に入れば、ここベニスのサン・マルコ広場の午後のたっぷりな日差しも長い影を感じるようになった。が、キラキラと日差しを照らす海面高い海に面した広場の陽だまりは心地よく、広場とサン・マルコ寺院との間の回廊の日陰ではホームレスが一人、ベンチにゆったりと腰かけたまま快適な午睡の中にあった。ホームレスという暗さは感じず、その様子が、あまりに絵になる美しさを感じた。

大変失礼ながら、本人に断りもなく、こっそりとカメラのシャッターを切り続けた。困ったのは、わたしを真似して写真を撮る観光客の人だかりが出来たことだった。しかし、わたしが狙った構図は、寺院の回廊のシルエットと陽だまりとの対比、そして、その陽だまりの恵みを満喫する睡眠だった。世界的に見れば、ジャーナリストの多くが不安定なフリーランスという中にあって、たいへん恵まれた「スタッフ・ライター」という記者の地位を捨てこの旅に出た私自身がその後出くわすであろう未知の怖さを描いたわけではなかったが、それを感じた一枚だったのかもしれない。百聞は一見にしかず、ここに、その写真をご披露させていただくことにする。

わたしのベニスの旅は、鉄道の駅とサン・マルコ広場を歩いて往復したぐらいで、この一枚の写真がすべてであった気がする。無銭飲食のホームレスのおじさんにお土産のピザさえコートのポケットにねじ込んであげた屋台のおやじの底抜けの人情を見た貧しい南のナポリの下町から、裕福な北イタリアの都会ミラノに近づきつつある。それに伴って旅は面白くなくなる。ベニスのあとはお昼にミラノに着くが、ほんの少し街を歩いただけでいいところも見つける努力もせずに、ベニスの2倍近い値段のする宿泊所に引き返し、翌朝6時には起きて、イタリアを出国することにした。

寒いところは嫌だから、鉄道で南仏を経て、スペインに向かおうと、フランスのニース行きの国際列車に乗った。もちろん、高級リゾートのニースに宿泊する“用意”は持っていないので車窓の風景だけパスをし、漁師の名物料理ブイヤーベースを当てにして港町マルセイユで下車しようと考えていた。  ところが、なんとも運の悪いことにフランス国内の鉄道は突如全面ストに入ってしまった。「鉄道のストぐらいすぐに終わるさ」と、かつての日本の国鉄のストぐらいに考えていた自分が甘かった。ストの収束まで1か月ぐらいかかるらしい。さすがは革命を起こし、一時はプロレタリアート独裁の政権を樹立したフランスだ。国境に近いジェノバで折り返し、スイスを経てベルギーのブリュッセルに向かうことにした。

しかし、フランスのストの影響で国際列車の車両のやりくりが大変なのだろう。乗り換えに次ぐ乗り換えと、動いているのか止まっているのかさえわからないようなノロノロ運転と行き先変更のアナウンスの連続。そのたびに別の列車に乗り換える。ヨーロッパの鉄道は大混乱だった。

こんなときも世界のバックパッカーたちは、フランス国内を格安バスで通り抜けるという話を聞いたが、わたしはこの年の年末まで有効のヨーロッパの鉄道乗り放題チケットである「ユーレール・パス」を持参しているのでゆっくりと身を委ねることにする。

どうやらスイスに向かっているようだ。車窓は雪一色に覆われた山々で、谷も深い。客車は窓が大きく、おしゃれなものに替っていた。夏の観光シーズンには大勢のリゾート客の歓声が聞かれることだろう。乗り換えを待つ間、一度はスイスの空気を吸っておきたいと外に出たが、雪ばかりでその風景の良さなどわからない。しかも、物価がべらぼうに高い。イタリアの通貨リラの桁がいくつもゼロが削り取られていく感触だ。スイスのチョコレート一箱が、イタリアの宿一泊分のような気がして、すぐにこの国は発つことにした。よって、わたしのスイス滞在はほんの20分足らずとなった。

ミラノを午前7時10分発のニース行きの列車に乗り、一応の目的地に着いたのは翌朝9時40分だった。26時間半も列車に乗っていたことになる。この旅でヨーロッパに着いたとき、記念すべき第一歩を記したアムステルダムに到着した。疲れているときは知らない街であくせくと宿を探すより、頭に街の輪郭が入っているところのほうがよい。東京駅の丸の内口とデザインが似たアムステルダム中央駅を背に、小さな懐かしいホテルに向かって歩いた。さっぱりとした空気感漂うアムステルダムの街は疲れた身に心地よい。

(1995年11月23日~27日)


[PR]
by terakoya21 | 2017-07-30 08:30 | 新聞145-146号

寺子屋の日々 ~Days in Terakoya~(てらこや新聞145-146号 かめいのコーナーより)

~ Our deeds determine us… ~

~ 自分の言動に気を付ける ~

このところ、ブログは書けるのにこの「てらこや新聞」の記事になると、アイディアが浮かんでこないということが続いている。毎日、いろいろなことが起こり、様々なことを考え、次々と挑戦するうちに、何に対しても「これ」という結論がでない―そんな日々が続いている。

だけど、なぜだかそんな日々が充実の日々でもある。

その状況をうまく文章に表せないので、今回はブログでも紹介した名言を再度紹介したいと思う。

まず、この記事の題名にも使った

“Our deeds determine usas much as we determine our deeds.”

イギリスの女性作家ジョージ・エリオットの言葉です。

「私たちの行動は、私たちがそれらを決定するのと同じように、私たちのあり方を決めている。」

本当にそうだなぁ・・・と感じることが増えている。「めんどくさい」としょっちゅう口に出す人は、いつも「めんどくさい」ことに惑わされていて、人のことや自分に与えられたチャンスを「ありがたい」と言える人は、その「ありがたい」ことがいつも巡ってくる・・・なんてことが多いのではないかと思う。

だから、私たちは

“Manis not the creature of circumstances, circumstances are the creature of men.”

イギリスの元首相であるベンジャミン・ディズレーリの言葉を覚えておいた方がいいのかもしれない。

「境遇が人を作るのではなく、人間が境遇を作るのである。」

世の中には、私たちにはどうしょうもないことがたくさんある。だけど、そんなどうしょうもないことは、愚痴を言い続けようが、文句を言おうが、いじけようが、「どうしょうもない」ままである。

自分が境遇を変える―そして、その過程が自分を変えていくことを忘れないでいたい。

そうそう、「境遇」と言えば、寺子屋創設年度の高校2年生が、「境遇」の意味がわからないと言い出し、

国語辞典を引かせると

「ある人が置かれた状況や運命」との説明に

「先生、ある人って誰?」と聞いてきたことがある―。

そんなことをふと思い出した。でも、、、そのお話はまた別の機会に(笑)。

Y.K



[PR]
by terakoya21 | 2017-07-01 12:44 | 新聞145-146号

I Love Books! (てらこや新聞145-146号 竹川のコーナーより)

BOOK82吉永南央

「まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ」
(文藝春秋)

今回ご紹介する本も、以前ご紹介したことのある本の続編です。「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの第5弾です。


紅雲町という地方都市で、コーヒー豆と和食器を扱うお店「小蔵屋」を切り盛りしているおばあさんのお(そう)さんが主人公です。

誰にでも分け隔てなく接するお草さんですが、町内で避けて通る一角がある…というのが、今回のお話のポイントです。

お草さんの亡きお母さんと大の仲良しだったうなぎ屋の女性店主が、どういう理由かはわからないものの仲違いをし、それ以来お草さんも、そのうなぎ屋さんのある一角を避けて通るようになり、なぜだか苦い思いが胸の中でチクチク痛む…気になるけれど、長年の仲違いの理由もお母さんが亡くなっていることで聞けず仕舞い、かといって、女性店主に聞くこともできず…なかなか解決の糸口を探すことができずにいます。

そんな中、小蔵屋の敷地に山車蔵を移転する話が持ち上がり、その話と並行して、避けていた町内の一角と避けていた人たちと関わることになり、町内全体に関わるある事実にお草さんが気付いていく…というお話です。

おばあさんのお草さんが、真実を知りたくて、体力以上の力を発揮するときには、まるで少女のような純粋さです。けれど、なかなか一筋縄ではいかない人との関係で、精神的にはかなり疲労が蓄積されます。

淡々と物語は進んでいきますが、しみじみと心に染みるのは、お草さんの人生経験や人生観が投影されているからだと思います。派手さは全くないけれど、ずっと心に余韻が残るような、感慨深い内容です。

昼日中に星は見えないけれど、「まひるまの星」が輝く、心を満たしてくれる…その正体が一体何なのかは、ぜひ本を読んでみてほしいと思います。

( K.T.)



[PR]
by terakoya21 | 2017-06-26 15:34 | 新聞145-146号

まえがき (てらこや新聞145-146号より)

Like Father, Like Son. 子は親を映す鏡 ~


子どもたちは私たちの鏡―と大人に語りかけることが増えています。

子どもがやる気がないとか、勉強しないとか、遊んでばかりいるとか…少し深呼吸をして自分を見直してみると、子どもたちも変わっていくのではないか―と感じます。

大人の我慢する姿を見て育つ子どもたちは、必ず我慢強くなります。大人が 本を読み、勉強する姿を見て育てば、子どもたちは自然に読書をするようになり、勉強をする人に育ちます。そう、思いませんか?

Y.K


[PR]
by terakoya21 | 2017-06-25 16:23 | 新聞145-146号

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧