2017年 05月 11日 ( 1 )

てらこや日誌

May 11, 2017

Start where you are. Use what you have. Do what you can.

今いる場所から始め、持っているものを使い、できることをしなさい。169.png


米国の元テニス選手 アーサー・アッシュの言葉です。


今週から、来週に修学旅行をひかえる高校2年生と中学3年生の中間テストが
始まっている学校があります。

そして、そのために火曜日が英語表現のテストだった生徒は、
連休中に数時間、寺子屋に勉強に来ていましたが・・・
昨日は、今日英語のテストがある中学3年生君が授業にやってきました。

帰りがけ

「100点を取ってこいとは言わない。あなたの努力の100%を目指してテストを受けてほしい」

そして

「テストが戻ってきたとき、『え?これが君の100%(@_@)?』と私たちを驚かせない結果を」
「そのために単語や構文の確認だけは時間があるときにしてから受けてね~」

と伝えると、はにかんだ笑顔でうなづきながら帰っていきました。

178.png 定期試験 178.png

もちろん、100点がとれるのに越したことはありませんが
でも、学校の定期試験は、今までの学習で何がわかっていて、何がわかっていないのか、
そして自分の努力の仕方がどれくらい功を奏しているかを見て
次のステップを考えるためにするものです。

悪ければ、悪いなりの反省
良くても、良いなりの反省をして、

次へつなげるために行われるものです。

私の両親は、「勉強しろ」と言うことは全くなかったけれど

テストの結果を見せると

静かに

「なぜ100点じゃないのか」「なぜ1番でないのか」を問う人たちでした。

100点であっても、1番であっても褒められることはなく
悪くても、別に叱られるわけでもなく

その結果に自分が満足かどうか
その結果で次はどうするのか・・・が大切だということを

あまり多くを語らず伝えていました。

なので、私は、学校の先生にはいろいろと言われることもありましたが
したいように勉強をさせてもらいました。それが、私がずっと勉強好きでいられた要因だと思います。

大切なのは、今いる場所の確認
そして、今あるものを使い、できることをする― 

大切なことだと思います。

寺子屋では、あまり点数のことは言いません。
「点数」と「成績」は本人が自覚するもの―
自分の夢や希望の実現に必要な数字をそろえるのは本人がすること―

大切なのは、そのために何が足らないのか
何を持っているのかを自分で確かめる方法を身に着けること―

そう信じています。

来週が中間テストのピーク週です。

まずは、日程、するべきこと、できていることの確認をする一週間

あと3日です。(^^♪

今日も気を引き締めて臨みます。どうぞよろしくお願いいたします。

c0115560_14050268.jpg
今回の中間テストの結果を受けて
中学1年生、2年生、高校1年生、私立中学3年生の
今までの復習をメインとした夏期講習のご要望をお聞きいたします。

なお、公立中学3年生の夏期講習のご要望はお受けしておりませんが、
セントヨゼフ女子学園高等学校を目指される生徒さんのみ対応させていただく予定です。

お気軽にお問い合わせください。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email terakoya@poppy.ocn.ne.jp


(Y.K)



[PR]
by terakoya21 | 2017-05-11 14:26 | 日記

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧