2017年 05月 06日 ( 1 )

中国案内(てらこや新聞143-144号 吉田さんのコーナーより)

最近、私の周りでは語学の勉強し直しブームらしい。

英語か中国語の勉強し直しを始めるという友人が一人ではなく同時期に数人いて、その友人同士につながりはなく、こうも同じようなことを言われると私まで何かはじめた方がいいのではという気分になってくる。

中国語の勉強はほそぼそながら続けている(細すぎて勉強とは言えないと言われそうな位だが)ので私も英語の勉強をしなければいけないのかと思ってきた。

お金はあまりかけたくないし、できるだけ楽しく勉強したいということで、とりあえずYouTubeで人気のありそうな英語のレッスンチャンネルを一日一回を目標に見ることにした。

はじめは、ふんふんなかなか楽しいぞと思いながら見ていたのだか、次第に楽しさがなくなっていき最後には見なければいけない…という感覚が増していき、いつのころからか見なくなっていた。

中国語はひとつでも多く単語を覚えたい、そして覚えるごとに一つまた知識が増えたと、嬉しくなるが、英語はなぜか覚えなければならないという感覚になってしまう。

英語は分かるようになりたいが、分かるようになるまでの過程を楽しめていないことに気がついた。

中国語はある程度理解ができる段階まできているからであろうか?しかし、勉強を、はじめた当初も割と楽しめていた記憶はある。やはり何事も興味をもち楽しめれば続けられるのだろう。英語にも興味がなかったわけではないのだが、その興味はいつの間にか中国語にむけられていた。新年度、まずは昔もっていた英語への興味を取り戻す努力からしたいと思う。


[PR]
by terakoya21 | 2017-05-06 08:30 | 中国案内

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧