てらこや日誌(+小学5年生講座ご案内)

May 16, 2017

昨日から、6月開講の小学生講座のお知らせをしています。

申込み締切は6月3日(土)です(または、定員になり次第)

056.gif小学5年生クラス056.gifです。


056.gif 小学5年生 

初回授業 6月7日(水) 定員3名まで 1名から開講いたします。
60分授業 月4回 月授業料 11,000円
水曜日 PM 4:30 ~ 5:30 

<小学5年生クラス>
☆座って勉強する習慣をつけ、アルファベットやローマ字の習得から始めます。その後、英語での簡単なあいさつ、自己紹介を習得することへと進めます。アルファベットの読み書き・英単語50~100個前後の習得・1日のあいさつ・名前、年齢、誕生日など簡単な自己紹介の習得が主な目標です。
☆中学英語への準備を始めます。

英語は「ことば」です! 日本語で言えないことや考えられないことは、英語でも言えないし、考えることはできません。学習の姿勢を整えながら、日本語力強化にも努めます。

別途入学金10,000円が必要ととなります。

体験講座はございません。また、授業の見学は原則としてお断りしております。

寺子屋かめい
松阪市内五曲町31-4
tel/fax 0598-21-0148
email: terakoya@poppy.ocn.ne.jp

通年、日曜日と月曜日にお休みをいただいています。
お電話でのお問い合わせは、火曜日~土曜日の14時以降21時ごろまでにお願いいたします。

c0115560_09420583.jpg

169.pngThe family you come from isn’t as important as the family you’re going to have.

あなたが育った家族は、あなたが将来持つであろう家族ほど大切ではない。169.png


アメリカの作家でありジャーナリストのリング・ラードナーの言葉だそうです。

一瞬「え?」と思った方もいるかもしれませんが
比較なので、育った家庭が大切ではないと言っているわけでありません。

ただ、今、子どもたちに接する大人たちの様子を見ていると、ときどきこの言葉を言いたくなります。

教育も、子育ても、子どもたちが、私たち大人がいなくなっても、
社会で生きていく人に育ってくれるように願って行うものです。

私たち大人がいつまでも彼らの世話を焼き、フォローができるわけではありません。

だから今、叱っておくことも
だから今、厳しくしておくことも
だから今、嫌われることも

大人は、子どもたちに対して、しておかなければならないのに・・・

そう思うことが増えています。

私たちの頃は、「押しつけ」と思われがちなことをくどくどと言う大人―親も先生も多くいました。

それを「押しつけ」と呼び、「押しつけ」は良くないと
今は子どもたちの「自由裁量」に任せるかのような言動をする大人が増えています。

けれど、

「自由」って 「責任」とともにあるんです。
子どもたちに「自由」を与えるということは「責任」も取れって言っていることと同じです。

そんな風に責任も押しつけられたら、子どもたち、大人を信用しなくなる―

だからかな・・・と思う子どもたち、若者の言動も、増えつつあるように思います。

自分たちのあり方も反省しながら
今週も子どもたちとしっかりと話をしながら、心して臨みます。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

(Y.K)


[PR]
by terakoya21 | 2017-05-16 10:07 | 2017年度 ご案内

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧