不思議な宣長さん (てらこや新聞95号 吉田館長のコーナーより)

第二十話 幸運は自分で作るもの

らん 宣長さんと賀茂真淵先生の生涯にたった一度の出会いの話っていいですよね。私もそんな出会いがあるかな。

和歌子 その出会いを「松坂のひとよ」と言いますが・・・

らん 「松坂のいちや」ではないのですか。

和歌子 今は「ひとよ」と読みます。でも、「いちや」でも間違いではありません。

らん あいまいですね。

和歌子 この「松坂の一夜」は、ずっと昔は教科書にも載っていた有名なお話しですが、その時、教壇に立っていた先生におたずねしたら、「いちや」と教えていたと証言されました。当時の模範授業のテキストには「ひとよでも、いちやでもよい」とあります。

らん 困りますね。

和歌子 原作者の佐佐木信綱さんは、有名な歌人です。歌人なら訓読みのほうがふさわしいだろうと、後世の人が「ひとよ」と読むようになったようですね。信綱さんがはたして「ひとよ」と考えて書いたかどうかは確証がありません。ずっと後になって、出版された『松阪』と言う本には信綱さんの随筆がのっていて、そこでは「ひとよ」とふりがながありますが。でも最初から、「ひとよ」と態度を明確にしていたら、混乱はなかったでしょうね。

らん信綱さんは、子どもが読むのじゃ、いちやで宜しかろう。どうせ一夜漬けで勉強するのじゃろうから、なんてね。

和歌子 きっとそんな感じだと思いますよ。

らん 音読みと訓読みは難しいですね。

和歌子 宣長さんの理屈で行くと、原則として古代は訓読みですが、なかには不自然な感じがするものもありますね。

らん どんなのがありますか。

和歌子 例えば『古事記』は「コジキ」でしょ。宣長さんは「フルコトブミ」と読む可能性を指摘しますが、『古事記伝』の中で、作者の太安万侶は音読で読めばいいと考えていたと推測しています。『日本書紀』はどう読むか分かる?

らん 「日本」は「ヒノモト」ですか。

和歌子 これは「ヤマトブミ」ですね。では、「俗人」、「宮殿」、「識者」、

らん「識者」ってなんですか。

和歌子 知識人とか有識者って新聞に出てくるでしょ。

らん どう読むのですか。

和歌子 「ヨノヒト(俗人)」、「ミアラカ(宮殿)」、「モノシリビト(識者)」ですね。

らん 本当に昔の人は訓読みしてたのですか。

和歌子 私たちの祖先はしゃべる言葉しかもってなかった。たとえば空から降ってくる白くて冷たい「ユキ」、それを記録しようとすると、漢字の「雪」が近いので「雪」と書いたわけです。だから私たちの祖先が持っていたボキャブラリーにある言葉は訓読みできるはずです。それがたとえば複合語になったり、漢語として作られた言葉を無理に和訓に訳すと不自然になりますね。

らん そうなんだ。

和歌子 松阪に阿形町と言うところがあります。

らん 大足町の近くですね。

和歌子 アガタと読みますが、もとは役所である「県(アガタ)」があったそうです。アガタと訓読みしていたので阿形という漢字を当てたのでしょうね。駅部田は駅はウマヤ、その近くというので付いた地名ですね。ヘタのヘは岸辺のヘですね。タは方向を表すそうです。

らん 柿のヘタ?

和歌子 ほっぺたもそうですね。

らん 頬の近くかな。何かわかりますね。マエノヘタもマエペッタにした方がかわいいですよ。

和歌子 いいアイデアね。でも、何かヒトヨかイチヤかの話になってしまいました。よかったかしら。

らん 本当は、今日は宣長さんのようなラッキーな出会いが私にもあるといいなと思っていたのですが。

和歌子 その話なんだけど、宣長さんの幸運は、自分の工夫と努力で引っ張ってきたのよ。例えば「松阪の一夜」も確かにラッキーな出会いなんだけど、その裏には宣長さんの情報収集と素早い行動があるのよ。らんさんも十分に情報を集めて、分析して・・・

らん 私の出会いはだんだん遠くなっていきそうです。


c0115560_1474345.jpg


「てらこや新聞」の原稿にはなかったのですが…先日ちょうど頂いた「鈴もなか」の箱に「松阪の一夜」の絵が載っていたので…ここに載せておきます。

「賀茂真淵」ってかっこいい名前だなぁ~と幼い頃、お茶の先生にこの「松阪の一夜」のお話を聞いたとき思ったのを覚えています。

吉田館長の御好意でこの連載も気がつけば20話。私の幼い頃からの憧れの人が「本居宣長」さんでもあり…保護者の方もあえて、「鈴もなか」を下さったのではないかと…そのお心遣いを大変嬉しく感じています。

…てらこや新聞も来月で、発行開始から8年目を終えます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

なお、18話までのお話は…

カテゴリ「不思議な宣長さん

19話は現在カテゴリ 新聞94号でご覧下さい。(^○^)
[PR]
by terakoya21 | 2013-02-25 14:16 | 不思議な宣長さん

英語塾の寺子屋かめいの元気を発信します


by terakoya21
プロフィールを見る
画像一覧